ここから本文です

世界標準のパフォーマンスに横アリが揺れた! BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEが怒涛のステージ【J-WAVE LIVE】

7/15(月) 17:00配信

J-WAVE NEWS

J-WAVE主催のライブイベント「J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION」が、7月13日(土)、14日(日)、15日(月)に横浜アリーナにて開催。

【ライブ写真】BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE、横浜アリーナを魅了!

音楽シーンの最前線で活躍するJ-WAVEと縁の深い全20組のアーティストが、3日間にわたってアツいライブを繰り広げる。ここでは13日に登場したBALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEのライブの模様をお届けしよう。

勢いよくステージに飛び出した7人をオーディエンスの大きな拍手と歓声が迎える。挨拶がわりに披露したナンバーは『PASION』。BALLISTIK BOYZはまだ今年5月にメジャーデビューを果たしたばかり。彼らを初めて観る人も多いであろう中、タイトル通り情熱的でエネルギッシュなパフォーマンスで、会場を熱気で満たしていく。

MCでは「盛り上がってますか!?」とコールし、大きな歓声を浴びると改めてグループの自己紹介。BALLISTIK BOYZは、LDHで初の“メンバー全員が歌って踊れる”ことを武器としたグループだ。メンバーは松井利樹、砂田将宏、日高竜太、海沼流星、加納嘉将、奥田力也、深堀未来(自己紹介順)の7人。

デビューして間もないにも関わらず、横浜アリーナという大きなステージに立たせてもらったことを感謝。「全力で最後までパフォーマンスをさせていただきますので、一緒に盛り上がっていただければと思います!」と意気込みを語ると、次のナンバータイトルをコール。歓声が湧き上がる。

MCで見せた謙虚な言葉から打って変わり、『BADDEST FIRE』では自信に満ちたハイクオリティなダンスと、たたみかけるラップで会場の熱をさらに上げていく。立て続けにパフォーマンスしたのは『NU WORLD』。ステージ狭しと激しいダンスでオーディエンスを釘付けにしていく。

わずか3曲で十分に会場を熱気に溢れさせた7人だが、まだまだオーディエンスのエナジーが欲しいと、「BALLISTIK!」をコール。それに「BOYZ!」でレスポンスするオーディエンスたち。会場の一体感をさらに高めるとラストナンバー『テンハネ -1000%-』へ。


否が応でもオーディエンスの体を揺らせるアップテンポなビートに、一糸乱れぬ激しいダンス、そしてBALLISTIK BOYZがこれから目指す高みへの熱い意志をぶつけるリリック。4曲というあっという間のステージだったが、そのハイクオリティなスキルとインパクトに誰もが度肝を抜かれたに違いない。今後のさらなる成長がますます楽しみだ。

Photo by Tsukasa Miyoshi (Showcase)

■セットリスト
01. PASION
02. BADDEST FIRE
03. NU WORLD
04. テンハネ -1000%-

■開催概要
イベント名:「J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION」
日程:2019年7月13日(土)、14日(日)、15日(月・祝)

■オンエア情報
番組名:『J-WAVE SPECIAL J-WAVE LIVE 20th ANNIVERSARY EDITION』(J-WAVE 81.3FM)
放送日時:2019年8月12日(月・祝)21時~25時
番組名:『ライブ・プレミアム』『smart』(CS放送フジテレビNEXT)
放送日時:2019年9月19日~2020年7月31日/6回放送)

最終更新:7/15(月) 17:00
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事