ここから本文です

米権威「リング誌」は世界戦判定負けの亀田和毅を「市場価値を落とさなかった」と評価

7/15(月) 6:50配信

THE PAGE

プロボクシングのWBC世界スーパーバンタム級王座統一戦が13日(日本時間14日)、米国カリフォルニア州カーソンのディグニティヘルス・スポーツパークで行われ、暫定王者の亀田和毅(28、協栄)が0-3判定で敗れ、正規王者のレイ・バルガス(28、メキシコ)が王座を統一、5度目の防衛に成功した。判定は3者が110―117とする大差の判定負けだったが、ポイントアウトを徹底して殴り合わなかった新王者に地元ファンはブーイングの嵐。亀田も新戦法で追い詰めながら「もう一歩」「もう一発」が足りなかったが、米の権威あるボクシング専門誌「ザ・リング」は、「ラテンアメリカでの市場価値を落とさなかった」と評価した。試合後、亀田はリング上で「もう一度世界チャンプになる」と再起を宣言している。亀田の戦績は36勝(20KO)3敗となった。

亀田の大胆戦術も空回り

 セコンドについた父の史郎氏の大声が、ロスのヒスパニック系“格闘殿堂”である旧スタハブセンターに響き渡った。
「根性や!」
「もう一歩前!前や、前行け!」
 体格で劣る亀田は大胆な戦術を採用した。上半身を揺らしながら、ステップを踏みプレスをかけ懐に飛び込み左右のフックをぶん回すスタイル。マイク・タイソンが長身相手に使っていた戦法である。だが、バルガスはしたたかだった。足を使って突進をかわし、アッパーで出足をくじき、パンチをまとめてポイントを稼いでいったのである。
 亀田は4ラウンド、6ラウンドと、その渾身のフックをヒットさせたが、あと数センチが届かない。バルガスのクリンチワークにも封じられた。終盤も前には行くが手数が減ってきた。最終ラウンドには、レフェリーが、ブレイクに入ったあとに反則パンチを繰り出して「減点1」を科せられた。工夫と対応力がないまま試合終了のゴング。判定は、3者共に7ポイント差をつけるという亀田にとって厳しいものとなった。
 だが、終始殴り合いを避けたバルガスに地元ファンは容赦のないブーイングを浴びせた。逆に抜群のスピードを生かしてアグレッシブに攻めた亀田には称賛の歓声が送られた。

 米の権威あるボクシング専門誌「ザ・リング」もバルガスのベルト統一を酷評した。
「バルガスの判定勝利は、ぎこちなく落胆を呼ぶものだった。期待していたメキシコ対日本の一戦に興奮を呼ぶアクションのようなものはなく、リング誌が、ジュニアフェザー級(スーパーバンタム級)で2位にランクしているバルガスは、挑戦者の亀田に判定勝ちするために、せっせと効果的ポイントを重ねただけだった」
 同誌は、会場からブーイングが起き、メキシコファンが、その打ち合いに応じないバルガスの姿勢に非難の声を送っていたことを紹介。
「バルガスはメキシコに勝利をもたらしたが、彼の母国のファンが胸を打つような勝利ではない。メキシコファンは勝者を愛しているが、素晴らしい戦いをもっと好んでいる」と酷評した。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 6:50
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事