ここから本文です

高いティアップから7番アイアンで超ローボールを打つ!人気漫画「オーイ! とんぼ」のスゴ技に美女プロ・小澤美奈瀬が挑戦。結果は!?

7/15(月) 20:30配信

みんなのゴルフダイジェスト

週刊ゴルフダイジェストの連載漫画「オーイ! とんぼ」。リアルな作風で大人気のこの作品で、主人公・とんぼが披露する個性的なスーパーショットを、飛ばし屋の美女プロ・小澤美奈瀬が挑戦! 今回挑戦するのは「高いティアップから7番アイアンで超ローボールを打つ」という技。しかもティはまったく動かない。これ……できるの!?

マンガ内での描写を見ると、ドライバーを打つときくらい高くティアップし、7番アイアンでそれを打つのだが、飛び出す球は地面を這うような超ローボール。もちろんただのトップ球ではなく、しっかり芯を食って飛んでいく球なので、ドロップせずにちゃんとキャリーが出る。

さらにすごいのは、このショットを何発か続けた後も、地面に刺したティがまったく動かず、最初に刺した位置にキレイに直立して残っている点だ。果たしてこんなこと、できるのだろうか?

とりあえず、マンガにあるように高くティアップして7番アイアンを打ってみた小澤。ティもキレイに残ってナイスショット……ではあるが、ボールの高さは普段よりもちょっと低いくらい。ほぼ「普通のナイスショット」になってしまった。

「最初はティを残すことを最優先で打ってみましたが、やっぱりちょっと低い球を打とうとするくらいでは、あんな感じになってしまいますよね。とんぼちゃんが打っていたのは、ティの高さのまま打ち出してライナーで飛んでいくような球でしたから、当たり前ですが、もっともっとロフトを立ててインパクトしないとダメですね!」(小澤)

ロフトを立ててインパクトするため、ボール位置を真ん中よりも少し右になるように調節。そうやって打った2発目もナイスショットではあったが、やはりとんぼの打っていた球と比べるとまだ高い。

「さっきよりも低く出ましたが、まだまだハンドファーストが足りないみたいです。次はもっとボール位置を右に寄せて、少しボールに近く立って打ってみます!」(小澤)

3発目は2発目よりもさらに低い球! 少しずつ成功に近づいている感触はある。この3発目のショットの際、小澤は「少しボールに近く立つ」と言っていた。彼女はこれを直感的なイメージで行ったようだが、その意図はどこにあったのだろうか?

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 20:30
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事