ここから本文です

代官山からガチな「下町」へ引っ越した、イラストレーターの私が「得たもの」と「失ったもの」

7/15(月) 21:30配信

アーバン ライフ メトロ

自転車で埼玉県や千葉県にも行ける

 私は24歳の時に上京して以来、50歳の今までずっと東京で暮らしています。27歳の時に代官山のオンボロ木造アパートを紹介してもらい、40歳までそこで暮らしました。オンボロとはいえ代官山ですから、恵比寿・中目黒・渋谷に自転車で行けますし、仕事の打ち合わせも、友人と飲むのもほとんど近所で済ませていました。

【写真】下町の銭湯でひとっ風呂浴びて、サウナで大量の汗をかいた後のお楽しみといえば、「居酒屋しかないでしょ」と考えるすべての人たちに捧げる画像

 フリーでグラフィックデザインやイラストの仕事をしていたのに、私自身はダサかったので、おしゃれなものや文化的なものに囲まれている代官山の環境がちょうど良かったのです。

 そのアパートは本当にオンボロだったので、建て替えの為に引っ越しをしましたが、その前後もずっと東京の西側で暮らしてきました。

 40代の半ばあたりから出版不況で少しずつ収入が減ってきたので、「どうにかして家賃支出を抑えられないか」と考えていた時、下町の大衆酒場好きの人と出会い、色々な店に連れていってもらっているうちに、すっかり下町に惹かれ、初めて東京の東側・下町で暮らす決心をしました。

 下町と言っても、私が住んでいるのは昔ながらの下町ではなく、もとは田んぼや畑ばかりだったような土地。昔は自転車で恵比寿・中目黒・渋谷まで行けましたが、今は自転車で埼玉県や千葉県に行けてしまうという「国境の町」。そんな場所なので、とにかく家賃が安い。代官山時代とほぼ同じ家賃で、広さは倍以上(しかも鉄筋!)です。

 暮らしてみてわかったのは「おしゃれで文化的なもの以外は何でもある」ということ。大型スーパー、激安スーパー、24時間営業のスーパーに100円均一ショップはもちろん、八百屋や総菜屋、大衆食堂、酒場などの個人商店も充実していて、生活するのにこの上なく便利。それにお年寄りや、若い子育て世代の人たちが多く住んでるせいか、町の空気がのんびりしていて、早歩きでイライラしている人なんてほとんど見かけません。

 区民農園もあるので、田舎に移住せずとも自分で野菜を育てることも可能。私はもっぱら食べる専門ですが、地元の採れたて野菜が食べられるのはありがたいです。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 22:27
アーバン ライフ メトロ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事