ここから本文です

お得に旅するならこの時期! 海外人気リゾートのベストシーズンまとめ

7/15(月) 21:03配信

ELLE ONLINE

ハワイ、モルディブ、南仏、ギリシャ、スリランカなどなど、海外の人気リゾートを訪れるベストシーズンをビーチライターの古関千恵子さんが伝授。花嫁はハネムーンの旅行先を決める参考に必読。

ハワイ

ハワイといえば年末年始のイメージが強いけれど、実は冬は雨季。かつ避寒の旅行者が多く、料金もアップする。オススメは乾季の4~10月。4月前半と5月中旬~7月中旬、9月(シルバーウィーク以外)が天候もよくお値打ち。5月24日には待望のジャンボ機、ANAのエアバスA380が就航予定。

モルディブ

2018年12月に、世界初の海中レジデンスがオープンして話題のモルディブ。晴天が続くベストシーズンは1~4月。乾季と雨季が入れ替わる5月と11月は天候が荒れやすい傾向。雨季は5~10月になるが、この時期はマンタやジンベエザメなどの遭遇率がアップし、お得なパッケージツアーも登場するので実は狙い目。

南仏

ヨーロッパは夏こそパラダイス。ハイシーズンは7~8月だが、6月と9月は料金が控えめで狙い目! コートダジュール3大イベントはニースのカーニバル(2月16~3月2日)、マントンのレモン祭り(2月16日~3月3日)、モナコのF1グランプリ(5月23~26日)も盛り上がる!

ギリシャ

ミコノス島やサントリーニ島など、エーゲ海の島々は5~10月が旅行シーズン。中でもベストは6~9月だが、世界中からヴァカンス客が押し寄せる夏は、旅行代金も高額になるので、夏の気分が高まる5月がオススメ。11~3月はオフシーズンとなり、国内線や船の便数が大幅減。

バリ島

4~10月が乾季。そのうち、最も晴天率が高いベストシーズンは5~8月。ツアー料金が下がるのは4~6月(GW除く)。気を付けたいのはバリ・ヒンズー教のお正月「ニュピの日」(2019年は3月7日)。この日は旅行者であっても外出は一切禁止、空港もクローズ。

フィジー

2018年夏、直行便が復活したことで、行きやすくなったフィジー。乾季は5~11月、雨季は12~4月。雨季でも、リゾートホテルが多いビチレブ島西部やママヌザ諸島などは、そびえる高峰が雨雲をガードするため雨が少ない。雨季はマンゴーやパッションフルーツなど果物が旬!

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 21:03
ELLE ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事