ここから本文です

西日本豪雨の被災地で約1000人が踊る 2年ぶりの「真備・船穂総おどり」 岡山・倉敷市

7/15(月) 18:00配信

KSB瀬戸内海放送

 昨年、西日本豪雨で被害を受けた倉敷市真備町で13日、恒例の夏祭り「真備・船穂総おどり」が行われ約1000人が踊りました。

 力強い吉備真備太鼓に、子どもたちも夢中になる露店。「真備・船穂総おどり」は昨年、豪雨で中止になり、2年ぶりに開かれました。

 この日の天気はあいにくの雨。それでも参加者は踊りを披露するときを心待ちにしていました。

練習は6月20日にスタート。住民が歌詞や振り付けを考えた、オリジナルソングを踊ります。

(振り付けを考案/浦橋美佐子さん)
「どっこいしょ、どっこいしょと言う時にみんなで声を掛けて、元気に踊っている間は、災害のことも忘れてね、前向きに踊ってほしいなと思います」

 午後6時半、メーンイベントの総おどりには約1000人が集まりました。雨の中で踊るのは、この祭りが始まってから初めてです。

(記者)
「雨はどんどん強くなってきていますが、踊りの勢いも負けていません。周りには多くの観客もいます」

 参加した16団体のうち、半数以上は被災後に衣装を新しく作りました。

(呉妹地区まちづくり推進協議会/坂本博 会長)
「雨が降ったから、元気がなくなったかなと思ったけど、子どもらものすごく元気出してくれた」

(振り付けを考案/浦橋美佐子さん)
「雨がたくさん降って、なんか洗われる気持ちでしたけれど、もう大変でした」

(復興の願いを込めた人ー)
「これ(ボード)を背負って踊ったんです。まっすぐに、支えてくれるたくさんの手、あしたにつなぐ心のともし火、いつの日か復興を夢見て」

 雨に打たれても前を向く真備町。ずぶ濡れになりながらも1時間以上踊りました。

最終更新:7/15(月) 18:31
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事