ここから本文です

ピリ辛風味で夏バテ気味でも食が進む! 「芦屋の食卓」のみそだれ

7/15(月) 16:03配信

magacol

子どもの幼稚園で出会い、今ではママだけでランチを楽しむことも多いという冨井さんと木吉さん。家でのランチの際は、便利な調味料やおしゃれな食器の話などで盛り上がるそう。そんな2人が毎日の料理に使える! と夢中になっているのが「芦屋の食卓」のみそだれです。

蒸し暑い夏でも食欲UPピリ辛味が美味しいみそだれ

「芦屋の食卓」シリーズは、芦屋で長年愛されているレストラン「サロンドキュイジーヌ千暮里」がプロデュースする商品で、保存料、着色料、うま味調味料無添加にこだわった調味料が揃っています。
種類豊富な「芦屋の食卓」の調味料のなかでも冨井さんと木吉さんがハマっているのが「みそだれ」です。はじめは料理上手な冨井さんの父が料理に使っていたのを見て、冨井さん自身も購入したのがきっかけなんだそう。
みその香りがあとをひくおいしさで、程よい辛味が料理にメリハリを出してくれて、暑い時期のスタミナ料理にも使える一品です。

今回は「芦屋の食卓」のみそだれ」を使ったアレンジレシピを紹介します。

なすとピーマンと豚肉の炒め物

材料(2人前)
みそだれ……大さじ2~3
豚肉……150g
なす……2本
ピーマン……2個
塩、こしょう……各少々

つくり方

豚肉、カットしたなす、ピーマンに塩、こしょうをし炒めます。全体にみそだれを回しかけて炒め合わせたら完成です。
「時間がないときでも、みそだれがあれば味が決まるので助かります。旬の野菜をたくさん食べられて栄養のバランスもいいんです」(冨井さん)

肉ダネそうめん

肉ダネ
材料(2人前)
みそだれ……大さじ2
豚ミンチ……100g
白ねぎ、しいたけ……適量
豆板醤……小さじ1(お好みで)
しょうゆ、酒、しょうが汁……各少々

つくり方
豚ミンチを炒め、にしょうゆ、酒、生姜汁で味つけする。ある程度炒めたら、みじん切りをした白ねぎ、しいたけを入れる。お好みで豆板醤を入れ、さらに炒める。

ゆでたそうめんに肉ダネを乗せ、みそだれをかければできあがり。「暑い時期の休日のお昼ご飯は、簡単にできるそうめんが多くなってしまい飽きてくるのですが、ひき肉にみそダレが絡むことで食べ応えが増して美味しいんです。ピリっとくる辛さがクセになり、食欲が湧きます」(木吉さん)

他にも、サラダや餃子、冷奴にかけるのもおすすめです。容器はペットボトルになっていて、軽く片手で持ちやすいのも主婦に嬉しいポイントです。「芦屋の食卓」のみそだれで暑さに負けないスタミナ料理を楽しんで!

芦屋の食卓 みそだれ200ml

【お問い合わせ先】
株式会社千暮里

最終更新:7/15(月) 16:03
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事