ここから本文です

プロに聞く!消費期限ギリギリの肉をもう少し長持ちさせる保存方法

7/15(月) 16:03配信

magacol

冷蔵室や冷凍室を使うなかで日々生まれる様々な疑問。「これでいいの?」「こんなときはどうしたら…?」そんな疑問に応えるべく、料理や家事の研究をするプロに解決策をうかがいました。
今回は、消費期限の短い肉を長持ちさせる保存方法について、料理研究家の高木ゑみさんからのアドバイスです。

Q:消費期限ギリギリの肉をもう少し長持ちさせるには?
A:計量スプーンいらずの「1分保存法」を!(高木さん)

教えてくれたのは 高木ゑみさん

おもてなしプランナー、料理研究家。著書『考えない台所』の冷蔵庫や台所の整理収納術でも話題。沖縄にて「Full cafe」のオーナーシェフを務めながら料理教室も開催中。

「豚こま切れ肉」の保存方法

つくるのは「ハーブソルト漬け」
豚肉の脂身とハーブの香りが相性抜群!ハーブソルトは、シンプルなものからガーリックが効いたものまであり、手軽に本格的な味わいになりますよ。

【1】豚こま切れ肉に、ハーブソルトを適量振りかけます。オニオンやガーリックが入っているからしっかりした味に。

【2】豚肉をポリ袋に入れ、白ワインを適量加えて揉み込み、空気を抜いて口をしっかりと閉じて保存します。

どんな料理に応用できる?
パスタ、ポトフなどのスープは間違いない美味しさ。炒めものや煮込み料理にも使え、いつもと違う味わいが楽しめるはずです。これを使った「塩肉じゃが」も絶品なので試してみて!

「鶏もも肉(カット済)」の保存方法

つくるのは「甘辛だれ漬け」

鶏肉は万能なので、いろいろな料理に応用できます。しっかりとした味つけをしておくと、時間がないときでも焼くだけで立派な一品になるので便利です!

【1】砂糖としょうゆを1:1で煮詰めます。竹串を立てて量をチェックし、最初の約半分になったら甘辛だれの完成。

【2】鶏肉をポリ袋に入れ、甘辛だれを適量加えて揉み込み、空気を抜いて口をしっかりと閉じて保存します。

どんな料理に応用できる?
主にソテーにします。おろしにんにくを揉み込んで唐あげもオススメ。また、チャーハンやスープはもちろん、さらにカットして焼いてから混ぜご飯にしたり、野菜と和えものにしてもいいですよ。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 16:03
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事