ここから本文です

「ファミサポ」「ベビーシッター」人の手を!ワンオペ育児のストレス限界そのまえに

7/15(月) 20:15配信

LIMO

子育て中のママ、頑張りすぎてはいませんか。「育児は私の役割」「家事も仕事もきちんとしなくては」と思い込んでいると大きな負担となってきます。ストレスが限界に来る前に今の状況をちょっと見直してみましょう。

真面目ママほどワンオペ育児に追われてしまう

自分の時間がまったくなくても、育児や家事を頑張ろうとするママも多いのではないでしょうか。つい頑張りすぎてしまう人こそ、息抜きの習慣が大切です。普段から息抜きができていれば「今日は疲れているから、晩ご飯は簡単に」と前向きに解決していく気持ちが働きます。

しかし息抜きにも手抜きにも慣れていないと、どうやって楽をすればいいのか分からなくなってしまうのです。まずは時短を心掛けてみませんか。家事・育児を工夫するだけですので罪悪感を感じる必要もありません。

 (1)食材はまとめて切り分け冷凍

食材はまとめて下ごしらえをしておきましょう。肉類は味付けをしてフリーザーバッグで冷凍庫へ。また、根菜類をカットして冷凍しておくと味のしみ込みが早くなります。煮込み料理は日持ちしますし、炒め物も簡単に出来上がります。ビタミンや繊維をたっぷり補給してくれますので、普段はお総菜を購入して楽をしましょう。

 (2)まとめ掃除は子どもを見てもらえる日に

掃除も家族にお子さんを見てもらえる日にまとめて取りかかりましょう。お風呂はしっかり漂白をして、日ごろは簡単に流すだけにしておきます。ただし、オムツを含むゴミ類だけは、衛生のためにも指定の曜日にきちんと出しておきましょう。

 (3)洗い物はこまめに

洗濯物や食器などの洗い物は、たまると片付けに労力が要りますので、こまめに済ませておきましょう。洗濯物は軽い汚れであれば、お子さんが眠った時に手洗いでOKです。洗濯機の音で起こしてしまうこともありません。食器は災害時のように食品用ラップを使ってもいいのではないでしょうか。ご飯もお茶碗ではなく、ラップでおにぎりにしても良いでしょう。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 20:55
LIMO

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事