ここから本文です

フランス老舗ブランド・ラデュレ、京都に初出店

7/15(月) 11:00配信

Lmaga.jp

1862年にフランスのパリで創業したパティスリー「ラデュレ」が7月15日、京都に初出店。看板メニュー・マカロンなどの京都限定商品が展開される。

【写真】商品や、2・3階のカフェ

フランス流の美しき生活を象徴し、今や世界的にも有名となったスイーツ・マカロンを生み出した同ブランド。エレガントさとかわいさを併せ持つパッケージデザインは日本人女性から人気が高く、その世界観を活かしたコスメティックブランド「レ・メルヴェイユーズ ラデュレ」が誕生しているほどだ。

今回の四条通沿いにオープンした「ラデュレ 京都四条店」(京都市下京区)も、その魅力を最大限に活かした店舗デザインに。イメージカラー・ライトブルーとアーモンドグリーンを基調にしつつ、壁は竹、シャンデリアは桜の花、天井には唐紙からインスパイアされたデザインが施され、ラデュレが思い描く京都をさりげなく取り入れた空間となっている。

本国のレシピを忠実に再現するため、フランス人シェフが中心となり、店内でスイーツを手かげているのも特徴。注目は、京都の老舗とコラボした「ヤツハシ」と「マッチャ・キョウト」(各303円)のマカロン、ケーキ「サントノレ・マッチャ・キョウト」(パイ生地、小さなシューと、クリームを組み合わせた伝統菓子・907円)の限定商品だ。

また、サロン・ド・テでは、人気メニューをアレンジした、京都産の卵を使った「エッグベネディクト・キョウト」(2160円)や、黒蜜とマッチャを組み合わせたブリオッシュ生地の「フレンチトースト マッチャ」(2052円)などを提供予定。「京都は日本各地だけでなく、世界から訪れる場所。ここならではの楽しみを目当てに訪れてほしい」と担当者は話す。

ケーキや焼き菓子、ステーショナリーなどのグッズを販売するブティック(1階)が先行オープンし、スイーツや軽食のイートインが楽しめる「サロン・ド・テ」(2・3階)は8月1日からスタートする。営業時間は11時~20時。

最終更新:7/19(金) 20:27
Lmaga.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事