ここから本文です

非常識!? 車の保険未加入が招く悲劇 事故相手が任意保険未加入の場合に起きる事とは

7/15(月) 16:10配信

くるまのニュース

実際にあった! 任意保険未加入ドライバーが起こした厄介事故

 クルマの運転をおこなう人の最低限のモラルとして、加入しておきたいのが任意保険です。しかし、実際には任意保険に未加入となっているクルマが一定の割合で存在しています。

任意保険未加入者を待ち受ける厳しい現実...万が一の事故(10枚)

 万が一、事故を起こした相手が未加入だった場合、どのように対応すればよいのでしょうか。

 クルマの任意保険はほとんどの人が加入していると思われがちですが、実際はそうではありません。

 損害保険料率算出機構によると、2019年4月時点のデータでは、乗用車・2輪車・商用車など、すべての車両を含めた任意保険の普及率は、対人保証において74.6%、対物保証において74.7%です。

 つまり、4台のうち1台は任意保険に未加入という現状が浮き彫りとなっています。

 乗用車に限定した割合で見ても、自家用普通乗用車(通称『3ナンバー車』)で82.3%(対人保証・対物保証は同比率、以下同様)、自家用小型乗用車(通称『5ナンバー車』)で78.9%、軽四輪乗用車で77.2%と、依然として未加入のクルマが存在している状況です。

 任意保険の未加入者が事故に遭遇した場合、どのようなことが起きるのでしょうか。

 自動車保険会社で事故対応の経験を持つ人に話を聞いたところ、当時の事故対応のエピソードについて次のように話します。

「私の営業所の管轄内においても、任意保険未加入の人が事故を起こしたことがあります。そのときは、私どもの保険に加入されているお客様が事故に遭われて、その事故相手が保険に入っていないという状況でした。

 駐車場内で起きた事故で、加入者のクルマが停止していたところに、保険未加入の人のクルマが突っ込んできた、という内容になります。事故の解決には、通常の数倍の期間が必要となりました。

 片方のクルマが停止しているような、過失割合10対0の事故の場合、通常は1か月程度ですべての処理が完了するのですが、この件では3か月以上要したことを記憶しています」

 ※ ※ ※

 交通事故においてどちらかが未加入の場合、なかには事故解決までに数年を要するケースも考えられると、前述の担当者は話します。

 万が一事故相手が任意保険に未加入だった場合は、自身が任意保険に加入していたとしても、解決までには相応の時間がかかってしまう現実が見て取れます。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 9:43
くるまのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事