ここから本文です

祝・DELICIOUS LABEL20周年! 記念コンピに参加の5組を紹介

7/15(月) 18:02配信

OKMusic

the pillowsの山中さわおが主宰するレーベル、DELICIOUS LABELが今年で設立20周年! 7月3日には節目を記念し、コンピレーションアルバム『Radiolaria』が発売されました。フレッシュな新曲はもちろんのこと、参加バンドのフロントマンをシャッフルしてのヴォーカルカバーも収めた、バラエティーに富んだ同作のリリースに併せて、今回はコンピ参加アーティスト5組を紹介。収録曲もプチ解説してみます。

「マシュマロ&ピーナッツ」('19)/the pillows

まずはレーベルオーナーの山中さわお率いる、今年で結成30周年のthe pillows。9月公開の劇映画『王様になれ』、10月開催の横浜アリーナでのライヴと、アニバーサリーイベントを控える彼らですが、新曲「マシュマロ&ピーナッツ」はそんな重圧をまったく感じさせない、フットワークの軽さが光る仕上がりになっています。思わず力が抜けるような、それでいて耳を惹くギターリフ。グランジ&マッチョな音作り。でも、歌詞は飛び切りキュートというアンバランスぶりが絶妙で、あっと言う間に曲が終わってしまうのもあって、ついついやみつきに。コンピ盤を締め括るエンディング曲として、山中がnoodlesの「Ingrid said」を歌っているのも、長年の盟友感が自然に出ていて味わい深いです。

「I'll be a sensitive band tomorrow」('19)/noodles

続いては、the pillowsとの親交が深いガールズバンドのnoodles。そもそも山中がDELICIOUS LABELを作ったのは彼女たちの音源を出すためで、1999年のミニアルバム『lite pop』がレーベル第一弾リリースだった経緯を踏まえると、新曲「I'll be a sensitive band tomorrow」はより浸って聴けるんじゃないでしょうか。いろいろな想いを汲んだであろう《キミのために研ぎ澄まされたバンドになるよ 明日》というポジティブなメッセージが、これまでにない新鮮さを放っていて、もちろん持ち味のオルタナ感もキラキラと輝く、20周年コンピのオープニングに相応しい名曲だと思います。noodlesのyokoがヴォーカルカバーしたのは、THE BOHEMIANSの「おぉ!スザンナ」。こちらもナイスです。

1/2ページ

最終更新:7/15(月) 18:02
OKMusic

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事