ここから本文です

琢磨は好走もトラブルに泣く/【順位結果】インディカー・シリーズ第11戦トロント決勝レース

7/15(月) 6:54配信

オートスポーツweb

 カナダ・トロントで開催されたインディカー・シリーズ第11戦。14日に行われた決勝レースは、ポールポジションからスタートしたシモン・パジェノー(チーム・ペンスキー)が制し、今季3勝目を挙げた。

 10番手からスタートした佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)は、力強い走りを披露。上位を争うも、68周目にマシントラブルでリタイアとなった。

 晴天の下、トロント市街地特設コースで開催されたインディカー第11戦。ポールからスタートしたパジェノーは2番手のディクソンと差を徐々に広げ、レースをコントロールする。

 ファーストスティントを19周目終わりまで伸ばした佐藤琢磨は、ジョセフ・ニューガーデン(チーム・ペンスキー)の後ろでピットアウト。10番手スタートから上位争いに躍り出る。

 オープニングラップの多重クラッシュでイエローコーションとなったが、それ以降は大きなクラッシュもなくノーコーションでレースは進み、燃費レースの展開となっていく。

 リードを築いていたパジェノーだったが、燃費走行を強いられ徐々に2番手のスコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)に詰め寄られる。残り20周でふたりの差は1秒以内に。

 68周目、5番手を走行していた佐藤琢磨のマシンから炎が吹き上がる。好走を見せていたが琢磨だったが、マシントラブルでこの日最初のリタイアとなってしまった。

 パジェノーに迫ったディクソンは攻め手を欠き逆転ならず。そのままパジェノーがトップでチェッカーを受け、インディ500以来となる今シーズン3勝目を挙げた。

 2位にディクソン、3位にアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・オートスポート)が入った。

 ニューガーデンは4位に入り、ランキングトップを守ったが、ロッシが4ポイント差のランキング2位、そしてランキング3位のパジェノーが29ポイント差に迫る結果となった。

■2019NTTインディカー・シリーズ第11戦トロント/決勝レース結果
Pos./No./Driver/Team/Eng/Laps/SP
1/22/S.パジェノー/チーム・ペンスキー/C/85/1
2/9/S.ディクソン/チップ・ガナッシ/H/85/2
3/27/A.ロッシ/アンドレッティ・オートスポート/H/85/4
4/2/J.ニューガーデン/チーム・ペンスキー/C/85/5
5/10/F.ローゼンクヴィスト/チップ・ガナッシ/H/85/3
6/5/J.ヒンチクリフ/アロウ・シュミット・ピーターソン/H/85/14
7/88/C.ハータ/ハーディング・スタインブレナー/H/85/16
8/18/S.ブルデー/デイル・コイン・レーシング/H/85/8
9/15/G.レイホール/レイホール・レターマン・ラニガン/H/85/12
10/98/M.アンドレッティ/アンドレッティ・ハータ・オートスポート/H/85/7
11/19/S.フェルッチ/デイル・コイン・レーシング/H/85/17
12/20/E.ジョーンズ/エド・カーペンター・レーシング/C/84/6
13/26/Z.ビーチ/アンドレッティ・オートスポート/H/84/18
14/59/M.チルトン/カーリン/C/84/13
15/21/S.ピゴット/エド・カーペンター・レーシング/C/84/9
16/28/R.ハンター-レイ/アンドレッティ・オートスポート/H/84/11
17/14/T.カナーン/A.J.フォイト・レーシング/C/84/22
18/12/W.パワー/チーム・ペンスキー/C/83/15
19/4/M.レイスト/A.J.フォイト・レーシング/C/83/19
20/7/M.エリクソン/アロウ・シュミット・ピーターソン/H/81/20
21/31/S.カラム/カーリン/C/79/21
22/30/佐藤琢磨/レイホール・レターマン・ラニガン/H/67/10

※リザルトは編集部調べ


[オートスポーツweb ]

最終更新:7/15(月) 6:54
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事