ここから本文です

メルセデスのボッタス、SC出動で勝利のチャンスを失う「ついてなかったが、戦略面のミスもあった」

7/15(月) 16:18配信

オートスポーツweb

 2019年F1イギリスGP決勝で、メルセデスのバルテリ・ボッタスは2位だった。

 ポールシッターのボッタスは、52周のレースをミディアムタイヤでスタート、16周目にミディアムの新品に交換した。しかしその数周後にセーフティカーが出動。その間にピットインを済ませることができたルイス・ハミルトンにボッタスは首位を譲り渡した。ボッタスは同じ種類のタイヤに交換していたため、再度ピットインする必要があり、後方とのギャップを築いた上で、45周目にソフトに交換、2位を守ることには成功した。

【関連写真】2019年F1第10戦イギリスGP 序盤はレースをリードしていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナス・モータースポーツ
バルテリ・ボッタス 決勝=2位
 スタートをうまく決めて、序盤数周、ルイスといいバトルをした。すごく楽しかったよ。ピットストップの後、ルイスとのギャップをコントロールしていたのに、セーフティカーが出動し、彼は事実上フリーストップが可能となり、僕の前に出た。

 その後、新たにチャンスが訪れることを期待していたが、僕はもう一度ピットストップをして、他のコンパウンドを履く必要があったので、チャンスはほぼないことは分かっていた。

 タイヤの持ちは予想していたよりもはるかに良かったから、1回ストップでも走れただろう。でもレース前のシミュレーションでは2回ストップが最速の戦略だという予想が出ていた。

 今日は優勝をつかめた可能性があったのに、それを逃す結果になり、がっかりしている。でも今週末からポジティブな要素を見つけることはできる。予選でとてもいい走りができたし、レースペースもよかった。

 前戦オーストリアでは苦しんだけれど、今回、僕らチームは強さを発揮し、ワンツーを飾ることができた。優勝したルイスにおめでとうと言いたい。彼はいい走りをした。地元のファンからの応援もすごかったね。

 ホッケンハイムで反撃するため、全力を尽くしていくつもりだよ。

(レース後のトップ3記者会見で戦略について聞かれ)今日はついてなかった。でも、2回ストップに決めてしまったために、最後にもう一度入らなければならなかった。1回ストップの可能性を全く残さなかったのは僕らのミスだ。ここから学ぶ必要がある。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7/15(月) 16:18
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事