ここから本文です

FC今治 猛攻2発 奈良クに快勝

7/15(月) 8:57配信

愛媛新聞ONLINE

 日本フットボールリーグ(JFL)は14日、ありがとうサービス.夢スタジアムなどで第15節6試合を行った。FC今治は奈良クラブに2―0で勝利し、4連勝を飾った。通算成績は9勝5分け1敗(勝ち点32)で順位は2位のままだが、首位ホンダFCとの勝ち点差を1に縮めた。
 FC今治は前半36分、セットプレーから園田のヘディングシュートで先制。後半39分には途中出場の飯泉が、こぼれ球を押し込んでリードを広げた。
 次節は21日午後5時から、同スタジアムでFC大阪と対戦する。

 【評】FC今治が攻守で圧倒した。
 選手の距離感がよく、立ち上がりから積極的にシュートを放って攻撃のリズムをつかんだ。前半36分、駒野のCKを園田がヘディングで合わせて先制。後半39分には桑島のシュートのこぼれ球を飯泉が押し込んだ。守備陣も終始安定感があり、打たれたシュートは3本。反撃の糸口を与えなかった。

◆勝ち点3よかった◆
 【FC今治・小野監督の話】 久しぶりのホーム戦で勝つことの重要性を考えて練習してきた中、勝ち点3を取れたことはよかった。シュートへの意識は高まったが、少ないチャンスで決めきれるよう、さらに鍛えていく。

◆後半勝負に出たが◆
 【奈良クラブ・杉山監督の話】 1点を追う後半からシステムを変更して勝負に出たが、FC今治の攻勢に耐えきれず、追加点を許してしまい試合が決まった。今回は負けたが、次の対戦では勝てるように準備したい。

◆次節勝ちきりたい◆
 【FC今治・園田】(2試合連続ゴールを決める)「駒野さんがいいボールを蹴ってくれたので、何とか合わせようと走り込んだ。中断期間前(の27日)にあるホンダFCとの対決に向け、次節をしっかりと勝ちきりたい」

愛媛新聞社

最終更新:7/15(月) 9:20
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事