ここから本文です

グリエーズマンがバルサ加入会見に出席、メッシについても言及

7/15(月) 9:10配信

ゲキサカ

 バルセロナに加入したフランス代表FWアントワーヌ・グリエーズマン(28)が加入会見に出席。チームメイトとなるアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(32)についても語った。クラブ公式サイトが伝えている。

 2014年7月にソシエダからアトレティコに加入したグリエーズマンは、エースとして公式戦257試合で133ゴールを記録。2017-18シーズンにはヨーロッパリーグ制覇に大きく貢献したが、昨季限りで退団を発表していた。

 今月12日に契約解除金1億2000万ユーロ(約145億8100万円)でバルセロナに加入したグリエーズマン。14日に行われた加入会見に出席し、「新たな挑戦にとても興奮している。この偉大なクラブで重要な選手になりたい。リーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグで優勝したいね」と、タイトル獲得に意欲を燃やした。

「僕はあらゆるポジションで重要な選手になるために一生懸命プレーしてきた。左、右、中央でプレーできるが、重要なことはチームを助けるためにうまくやっていくことだね」

 また、チームメイトとなるメッシについても言及。「彼と一緒にプレーするのは僕にとって大きな喜びだ。彼は(僕が好きなプロバスケットボールの)NBAのレブロン・ジェームズのように、僕にとってNo.1の選手だね。彼は偉大な一つの伝説だ」と称えた。

 なお、今夏来日するバルセロナは23日にチェルシー、27日にヴィッセル神戸と対戦する。

最終更新:7/15(月) 9:10
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事