ここから本文です

イランに責任ある行動要請、独仏英がペルシャ湾での緊張の高まり受け

7/15(月) 9:11配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): ペルシャ湾での緊張が高まる中、フランスとドイツ、英国はイラン に対し、「責任ある行動」と2015年の核合意の完全順守を呼び掛けた。

仏独英の3国はマクロン仏大統領のオフィスが電子メールで配布した声明で、15年に署名した同合意を引き続き支持すると言明。一方で、トランプ米大統領が既に離脱した同合意をイランが自国の行動で損ね始めているとも指摘した。

さらに、合意「継続は、イランが義務を完全順守するかにかかっている」とし、「緊張の高まりを止め対話再開の道を探り責任ある行動をとる時期が来たと、われわれは確信する」と付け加えた。

原題:Europeans Call on Iran to ‘Act Responsibly,’ Comply With Deal(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Helene Fouquet

最終更新:7/15(月) 9:11
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事