ここから本文です

黄金世代の強さの理由は? 永久シード保持者・森口祐子がうらなう群雄割拠の“戦国女子ツアー”

7/16(火) 7:26配信

ゴルフ情報ALBA.Net

「アース・モンダミンカップ」でシーズンを折り返した国内女子ツアー。オープンウィークもなく、盛り上がりそのままに後半戦へと入っていった。ではツアー41勝を誇る永久シード保持者の森口祐子は、この4カ月の戦いをどう見たか。黄金世代の活躍について、また後半戦に期待する選手などをたっぷり語ってもらった。

黄金世代が資生堂の神メイクでより美しく【フォトギャラリー】

―まずここまでの戦いを総括すると、前半戦はどのような印象を持ちましたか?
「優勝者の顔ぶれを見ても、昨年から活躍が期待されている若手と、安定感のあるベテラン。そのお互いが魅力を出せて、とてもいい前半戦でしたね」

―そのなかでも、やはり河本結選手のツアー初優勝から始まり、勝みなみ選手(前半戦2勝)、後半戦初戦で2勝目を挙げた渋野日向子選手、原英莉花選手が勝つなど“黄金世代”の活躍ぶりは顕著でした

「先日、選手登録リストを見ていたのですが、いわゆる黄金世代の選手は20人以上いるんですね。人数が多いなという印象も受けましたが、さらに優勝の可能性が高い選手が、同じ世代に名を連ねている。小祝さくらさんらの初優勝も待たれるところではあると思いますが、切磋琢磨できるいいライバル達に恵まれた世代ですね」

―資生堂アネッサレディスも含め18戦で6勝という結果には驚きました
「例えば原さんでいうと、(リゾートトラストレディス優勝を決めた)POの戦いぶりはもちろんですが、成長を感じたのはアース・モンダミンカップでした。あの強風で、さらに相手は申ジエさん。ワンサイドゲームになってもおかしくないなか、ガマン強いプレーを見せてくれました」

―“暴風吹き荒れる”といっていいほどの難コンディションでした

「あの試合は、原さんのショット力と同時に、プレー中の表情も応援したくなるもので、私も思わずテレビにくぎ付けになりました(笑)。去年までは、少し風にほんろうされるシーンで『ハァ』とため息をつくような表情を見せることもありましたが、あの日はなかった。成長も見られ、あの2位は優勝に匹敵する価値があると思ったほどです」

―タレントが揃っていますよね
「渋野さんで言えば、優勝のほかにも、熊本(KKT杯バンテリンレディス)で初日『81』から2日目に『66』という大カムバック劇もありました。攻め続ける一つのプレースタイルに加え、スケール感もありますね。河本さんはショット力も高く、アプローチの種類もいくつも持っている。キャディさんに話を聞くと、『距離を言うだけで、自分でしっかりとゴルフができる選手』という声が聞こえてきました。勝さんもそうですけど、最終組で期待されながらあっさりつぶれる…というような新人の集まりではないですね」

―活躍の要因はどのような部分にあると考えていますか?
「やはり東京五輪というのは大きいと思います。世界ランキングのなかで、自分の位置づけが分かりやすいことはモチベーションにつながります。“東京五輪の代表になりたい”という気概を、この世代からは強く感じます。何かを背負うのは負荷がかかることだけれど、常に上を向いているし、頼もしく感じます」

―まさに切磋琢磨という言葉がふさわしいですね
「みんなが、ただの負けず嫌いではなく、切磋琢磨しながらも、『ここで彼女もガマンしているんだから私も』といったように励まされている世代という印象も受けます。非常にさわやかに戦っているし、その光景は今までのライバル関係とは少し違う気がしますね」

―選手目線からいうと、やはり他の選手というのは気になるものでしょうか?
「私の場合は、例えば練習ラウンド中ではコースの特徴を調べながらも、『樋口(久子)さんなら、これくらいのスコアで回りそう』、『岡本(綾子さん)なら…』みたいに、強い選手や調子の良い選手のことを考えて回っていました。頭に意識する選手は常にいて、自分もそこで想定したスコアに向かってプレーしていたという気がします」

―やはりライバルの存在は大きいのですね
「黄金世代の選手は、意識できる選手が何十人といるわけですから、いい意味でブレーキをかけずにプレーできているのだと思います。この世代の選手の攻撃力や、あきらめない姿勢、経験が重要とされるコースでも戦い抜いているのはいい意味で驚きですね」

―黄金世代以外で後半戦注目している選手を教えてください
「穴井詩さんもメルセデスランクで上位につけるなど安定していますよね。あと、岡山絵里さんは今もどかしさを感じていると思う。ゴルフ力はあるだけに、そこにもう1つプラスαが出てくるといいですね。また比嘉真美子さんや成田美寿々さん、テレサ・ルーさんといったショット力のある選手も後半戦で存在感を発揮して欲しいですね。黄金世代に続く選手たちも面白い。稲見萌寧さんのショットはすごくいいなと思いながら、いつもみていますし、菅沼菜々さんのパットも魅力。この世代の選手達も、一人ひとり引き出しがかなりある印象を受けます」

―楽しみな選手が続々と出てきていますよね
「リランキングでチャンスをつかんだ吉本ひかるさんとか、宮里美香さんもワンチャンスをものにした。松田鈴英さんの飛距離もびっくりさせられる。誰か一人に興味を絞りきれていないし、誰に焦点をあてていいのかと思うくらい。長年解説も務めさせてもらっていますが、チェックする選手が非常に多くなっていると感じます」

―この群雄割拠の状況は…
「当分、続きそうですね。これまでは一人のスター選手を目標に、他が胸を借りて戦うという構図が多かったですけど、これまでとは少し違う魅力を発信しています。あとは調子を上げているイ・ボミさん、藤田光里さんも改めて人気の高さをうかがえました。ボミさん、藤田さんの活躍をファンが忘れていないのはうれしいことですね。男子も(石川)遼君が勝って、あの興奮ぎみに話したインタビューのシーンは、彼が内面で戦ってきたいろいろなものをうかがわせるものでした。ゴルフがますます盛り上がりそうな予感がしますね」

(撮影:岩本芳弘)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:7/16(火) 7:26
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事