ここから本文です

「流行のファッション情報」を収集する手段、InstagramがGoogle超え【ジャストシステム調べ】

7/16(火) 7:06配信

Web担当者Forum

ジャストシステムは、「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2019年6月度)」の結果を発表した。同社のセルフ型ネットリサーチ「Fastask」を使ったアンケート調査で、毎月、17歳~69歳の男女1,100名から回答を得ている。

全回答者のうち、プライベートでスマートフォンを利用している回答者942人に、「情報収集時によく利用するサービス」(Google、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube、その他。「探さない」は除外)を目的別で聞いた。

「課題に対する解決方法」「知識が無く、新たに知りたい情報」では「Google」がそれぞれ60.0%、57.9%と過半数を占めてトップ。「その他のサービス」が20%前後でそれに続く。他サービスは1桁台で分散している状況だ。

しかし、「世の中で話題になっている情報」ではTwitterが21.6%と大きく伸長。「他の人と話すときにネタになるような情報」でも19.7%まで上昇する。また「ひまつぶしになるようなネタ」ではYouTubeが27.9%でGoogleの21.4%を上回る。

2016年5月度の調査と比較すると、情報収集のプラットフォームとしてTwitterが躍進していること、YouTubeも情報収集手段の1つになってきたことが見てとれる。

さらに、「ファッション情報収集時によく利用するサービス」を目的別に聞いた。ここではInstagramが大きく伸長し、「流行のファッション情報」29.4%、「SNSのネタになるようなファッション情報」27.1%ではGoogleを上回り1位となっている。そのほか「人と違うファッション情報」「自分に合ったファッション情報」「コーディネートに関する情報」でもGoogleに肉薄する。

2016年5月度の調査と比較すると、もともとファッション情報収集にInstagramは使われていたが、さらにその力を増していることが伺える。YouTubeやその他サービスも伸びており、アパレルなどが多角展開していることが影響している模様だ。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 7:06
Web担当者Forum

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事