ここから本文です

ハースF1のスポンサー問題、法廷闘争に発展か

7/16(火) 16:58配信

TopNews

今季からハースF1のタイトルスポンサーを務めているイギリスのエナジー飲料メーカーであるリッチエナジーが、先週末に行われたイギリスGP開幕直前にツイッターで突然契約解除を表明したというニュースはF1関係者や世界中のF1ファンを驚かせた。

●【レース:ハイライト動画】ハミルトンが母国で強さ発揮 レッドブル・ホンダはフェラーリに当てられ表彰台逃す/F1イギリスGP

リッチエナジーはそのツイッターへの書き込みの中で、ハースのパフォーマンスが低すぎるのが契約解除の理由だとしている。

これに対し、ハースはリッチエナジーを相手取って訴訟を起こす準備をしているようだ。

ハースの弁護士がリッチエナジーの代表を務めるウィリアム・ストーリー宛てに出された書簡には次のように書かれている。

「我々のクライアント(ハース)には現時点でまだ未払いとなっている750万ドル(約8億円)の支払いを求める権利がある」

その書簡には、ハースが本来の契約に基づき、2020年と2021年分のスポンサー料4,400万ドル(約47億円)の支払いをリッチエナジーに求める可能性も示唆されているという。

最終更新:7/16(火) 16:58
TopNews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事