ここから本文です

〈東芝グランドコンサート2020〉エーテボリ響がサントゥ=マティアス・ロウヴァリとのコンビで初来日

7/16(火) 15:49配信

CDジャーナル

〈東芝グランドコンサート2020〉エーテボリ響がサントゥ=マティアス・ロウヴァリとのコンビで初来日

〈東芝グランドコンサート2020〉エーテボリ響がサントゥ=マティアス・ロウヴァリとのコンビで初来日

 毎年、海外の著名な指揮者やオーケストラ、豪華なソリストたちが招聘される“東芝グランドコンサート”。その39回目となる〈東芝グランドコンサート2020〉で、名門エーテボリ交響楽団が北欧の俊英指揮者サントゥ=マティアス・ロウヴァリ(Santtu-Matias Rouvali)とのコンビで初来日します。

 エーテボリ響は、1905年設立のオーケストラ。北欧を象徴する楽団として“スウェーデン国立管弦楽団”の名称も与えられています。これまでにシャルル・デュトワ(Charles Dutoit)やネーメ・ヤルヴィ(Neeme Järvi)、グスターボ・ドゥダメル(Gustavo Dudamel)らが首席指揮者を務め、本国スウェーデンのみならず、世界各地で高く評価されています。

 ロウヴァリは、1985年フィンランド出身の指揮者。2017年シーズンよりエーテボリ響の首席指揮者を務めています。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団やBBC交響楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、ロサンゼルス・フィルハーモニック、東京交響楽団など世界のトップ・オーケストラとの共演を果たしており、なかでもエサ=ペッカ・サロネン(Esa-Pekka Salonen)の後任としてフィルハーモニア管弦楽団の次期首席指揮者に決定したことは世界中の音楽ファンに大きな驚きを与えました。

 本公演でソリストを務めるのは、最難関とも言われる〈ハノーファー国際コンクール〉(2009年)にて史上最年少で優勝を果たし、世界中の演奏会で活躍するヴァイオリニスト三浦文彰と、欧米や日本、アジアで活動を展開し、国際的なピアニストとして名声を確立しているピアニスト児玉麻里。三浦はショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番、児玉はベートーヴェンのピアノ協奏曲第2番で共演します。

最終更新:7/16(火) 15:49
CDジャーナル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事