ここから本文です

「小岩井農場」って小岩井さんじゃないの? 地名でもありません! 名前の由来が話題、乳業の担当者に聞く

7/17(水) 7:00配信

withnews

 岩手山南麓に位置する民間総合農場「小岩井農場」。その名前の由来がネット上で注目を集めています。小岩井という地名でも、創業者が小岩井さんというわけでもありません。小岩井乳業の担当者に話を聞きました。

【画像】正解が書かれたヨーグルトのフタがこちら。個人名でも地名でもありませんが、読めば納得の答えです

ツイッターで話題に

 小岩井乳業が販売している「小岩井生乳(なまにゅう)100%ヨーグルト400g」などで使われているアルミのふた。

 そこに書かれているこんな文章がツイッター上で注目を集めています。

 ◇ ◇ ◇

 「小岩井」は創業者三氏の頭文字をとって名づけられました。

 岩手山南麓に広がる「小岩井農場」は、もとは火山灰士に覆われた不毛の原野でした。

 それを見た井上勝が、小野義眞と岩崎彌之助の多大な協力を得て開墾耕作を開始。

 日本最大の民間農場として、1891年(明治24年)に開設し、現在に至っています。

ホームページでも紹介

 小野義眞、岩崎彌之助、井上勝の3氏の頭文字1字ずつからとって小岩井と命名したというこの説明文。

 ツイッターで紹介されると、「小岩井さんという人名だと思ってた」「地名かと思っていました」といった驚きの声が相次いでいます。

 小岩井農場を原点とする小岩井乳業のホームページでは、農場誕生の経緯がもう少し詳しく説明されています。

 ◇ ◇ ◇

 盛岡の北西・岩手山南麓に位置する小岩井農場は、約3,000haの広さを有する民間総合農場です。

 今でこそ緑豊かな小岩井農場ですが、かつては火山灰土におおわれた不毛の地でした。

 我が国に鉄道が発達した明治時代、小岩井農場の創始者となる井上勝は、鉄道庁長官として東北線を敷設するにあたりこの地を訪れました。

 そして、一面に広がる荒れ地をみて、全国の田畑・樹林を供して鉄道を敷設してきたので、ここを開墾して、ヨーロッパ農法に準拠した本格的な農場を建設しようと念願した、という話が語り継がれています。

 時は120余年前の1891(明治24)年、日本鉄道会社副社長の小野義眞、三菱社社長の岩崎彌之助の多大なる協力を得て、共同開墾耕作が始まったのです。

 小岩井という名は、創始者となったこの三氏の頭文字をとって名づけられました。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 7:00
withnews

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事