ここから本文です

施工自動化に向けてBIMデータと連携した自律走行ロボットを開発

7/16(火) 8:10配信

MONOist

 イクシスと安藤ハザマは2019年6月19日、建築工事での施工自動化装置の基盤となるBIMデータと連携した自律走行ロボットを共同開発したと発表した。ロボットが建物内のどこに位置しているかを高精度に認識できる。

 自律走行ロボットは、位置を測定するためのプリズム自動追尾型測量機と、ロボットの移動を指示して位置を確認する位置認識・移動制御システムから構成されている。BIMデータと連携した自己位置認識技術により制御し、無線LANを使ってシステムとロボット、測量機の間でデータ交換する。

 ロボットの移動は2次元座標により指示され、全方位台車によって指定された位置の近くまで自律走行する。ロボット上部の四隅には360度プリズムが設置されており、ロボットの3次元座標による位置や向き、傾きの測定が可能だ。システムの画面に表示されるBIMデータの描画にはゲームエンジンを採用し、タブレットや汎用パソコンでも簡単に動作するようにした。

 今後は実用化に向けて、ロボットの軽量化や自己位置認識技術の高度化を図る計画だ。

MONOist

最終更新:7/16(火) 8:10
MONOist

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事