ここから本文です

D・ジョンソン&J・ステイサム、「ワイスピ」新作に自信!見どころは「俺たちの相性の良さ」

7/16(火) 17:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 人気シリーズ最新作「ワイルド・スピード スーパーコンボ」のグローバルプレミアが7月13日(現地時間)、米ロサンゼルスのドルビーシアターで開催され、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサムらが出席。2人は自ら車を運転してド派手に会場入りし、集まった観客2500人を熱狂させた。

 元FBI特別捜査官のルーク・ホブスを演じたジョンソンは「俺の実のいとこも弟役として出演しているから、個人的にとっても大切な映画になったよ」と明かし、ステイサムとの共演についても「俺とジェイソン(・ステイサム)は相性がいいんだ! 『ワイルド・スピード ICE BREAK』で共演してから、ファンは『ホブスとショウが中心の作品も見たい!』と言ってくれた。俺たちの相性の良さも、この映画の見どころだと思うね」とアピール。

 元MI6エージェントのデッカード・ショウを演じたステイサムも「ショウに関する一部のファンたちの懸念を払拭することができたよ。今まで彼の正体はちゃんと知られてなかったからね。だからこそ、今回の作品が生まれたとも言える。本作で、ショウのことがより深くわかるようになる。驚くべきアクションとか、素晴らしいキャストとか、いろんな要素が組み合わさって、こんなに楽しい映画が生まれたよ!」と自信をにじませた。

 そのほか、ショウの妹ハッティを演じたバネッサ・カービー、ルークとデッカードの前に立ちはだかる敵ブリクストンを演じたイドリス・エルバ、デビッド・リーチ監督らが登壇した。

 「ワイルド・スピード スーパーコンボ」は、8月2日から全国公開。

最終更新:7/16(火) 17:00
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事