ここから本文です

『トイ・ストーリー4』記録づくし!『アナ雪』超えの好スタート

7/16(火) 19:06配信

シネマトゥデイ

 『トイ・ストーリー』シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』が12日に公開され、公開から3日間で観客動員数127万人、興行収入17億円を突破した。この数字は、国内の洋画アニメーション歴代No.1のオープニングとなり、これまでのトップであった『アナと雪の女王』(2014/最終興収255億円)の成績を塗り替えた。(数字は配給調べ)

【動画】『トイ・ストーリー4』予告編

 初日となる12日は動員数62万829人、興行収入8億828万1,200円と単日のディズニー映画史上歴代No.1の記録を叩き出した。前作『トイ・ストーリー3』(2010/最終興収108億円)の初週成績も上回り、公開から4日間で観客動員185万人、興行収入24 億4,073万円という結果となった。

 本作はムビチケ前売券(オンライン)の販売枚数が65,000枚以上と、販売枚数歴代No.1を獲得。これまで1位だった『アベンジャーズ/エンドゲーム』の35,989枚を大幅に超えるなど、記録ずくめの大ヒットスタートとなった。

 本作を観た人からは、「終始涙が止まらず、最高傑作だと思う」「超えられないだろうと思ってた3を超えてきた」「これまでのトイ・ストーリーの中で1番すき」とSNS上で絶賛の嵐が巻き起こっており、10代や20~30代カップル、ファミリー、キッズからシニア層まで、男女問わず幅広い客層に支持されているという。今後、どこまで数字を伸ばすのか期待が高まるところだ。(編集部・梅山富美子)

最終更新:7/16(火) 19:06
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事