ここから本文です

「アレクサ、偏頭痛はどうやって治すの?」イギリスではアレクサから医療アドバイスを受けられるようになる

7/16(火) 10:21配信

ギズモード・ジャパン

便利。病院に行く前にまずはネット検索するしね。

アレクサを持っている人は、試しに偏頭痛の治し方を聞いてみてください。答えるでしょうか? 私のは「ごめんなさい、今はわかりません」と言いました。では、「インフルエンザの症状を教えて」は?

これに関しては厚生労働省の定める症状を教えてくれました。では、「インフルエンザの治し方は?」はどうでしょうか。偏頭痛と同じく、「ごめんなさい、今はわかりません」でした。

まぁ、下手なことを教えられませんから当然かもしれません。私は「盲腸」「風邪」「副鼻腔炎」「乳がん」で試してみましたが、どれも「わかりません」もしくは「今はわかりません」と言われてしまいました。「口内炎ってなに?」の質問には、辞書に書いてある内容を教えてくれましたね。つまり、わかりきったことしか伝えることができないんです。

でも、イギリスではアレクサが医療情報を提供するようになるそうですよ。Mashableによると、英国民保険サービス(NHS)がアマゾン・ドットコムと提携したことで実現したのだそう。

今よりも踏み込んだ医療アドバイスができるように

このサービスはアレクサから「偏頭痛の治し方」など、具体的なアドバイスを受けられるようにするのが目的です。

このプロジェクトを発表した保健省のMatt Hancock氏によると、スマートアシスタントがNHSのウェブサイトから検索結果を引っ張ってくるアルゴリズムを使うんだそうです。アメリカでは2017年にWebMDと提携して、同様の機能がローンチされています。(「アレクサ、WebMDにステロイドの副作用って何か聞いて?」等と聞くと答えてくれる)

イギリスのアレクサが医療情報を提供してくれるようになることで、病院で働く医師や看護師、薬剤師へのプレッシャーが軽減されることが期待されています。

「すべての患者さんが自分のヘルスケアをより適切に管理できるようにしたいと考えています。このようなテクノロジーは、人々が信頼性が高く、世界をリードするNHSのアドバイスを家庭で受けられるいい例になります。」

いいことづくめなような気もしますが、批判の声も上がっています。というのも、アマゾンはアレクサ のコマンド履歴を完全には消去していないらしいのです。つまり、検索した病状はすべてアマゾンに筒抜けという可能性が出てきちゃうんです。ただ、アマゾンは英国民の医療記録にアクセスする権利は無いと強調しています。

この機能をどこまで鵜呑みにしていいのかはわかりませんが、ネット検索でなんとなくの当たりをつけたりするくらいには役立ちそう。将来的には、スピーカーを触るだけで体温を測ったくれたり、声の調子から体調を判断して、適切な薬をアマゾンがデリバリーしてくれるようになったりして…。医療費が高い国だと需要がありそうですよね。

Source: Mashable

中川真知子

最終更新:7/16(火) 10:21
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事