ここから本文です

アクティブ、Ninja ZX-6R 2019年モデル用フェンダーレスキットなど発売

7/16(火) 18:30配信

レスポンス

アクティブは、自社ブランド「ACTIVE」の新商品として、カワサキ『Ninja ZX-6R』2019年モデル用フェンダーレスキットを7月末より発売する。

[関連写真]

アクティブのフェンダーレスキットは、ノーマルのリアフェンダーと交換することで、シャープでスポーティなスタイリングを実現。アルミ材を採用して樹脂製品にはない高い耐久性を実現している。取り付けは車体に加工の必要がないボルトオン。テール部分には安全を確保するための法規制が多いが、その中でウィンカーやナンバーの位置などをセンス良くまとめている。LEDナンバー灯付きで、カラーはブラック。価格(税別)は1万6000円。リフレクターキット(1600円)が別途要。

また、転倒ダメージを軽減する、カワサキ『Ninja H2/H2 SX(18-19)』用のフレームスライダーを発売中。POM(ポリアセタール樹脂)の中にはめこまれたアルミで滑りすぎによる二次被害を抑止。丸い形状であらゆる方向からの衝撃を受け流すラウンドタイプ、オーソドックスなプロテクター形状のオーバルタイプの2種類を設定する。価格は1万4800円。

さらに、自社ブランド「ゲイルスピード」からは、ホンダ『CB1300SF SP(18-19)』用の各種アルミニウム鍛造ホイールを発売中だ。価格(前後セット)は、バランスに優れたベーシックモデル「タイプC」および、流麗なラフメッシュスポークの「タイプR」が17万5000円から18万5000円。絶版車向け18インチホイールの「タイプN」とストリート向け8本スポークの「タイプE」が18万5000円。

高性能を追及した15本スポークの「タイプS」は22万5000円、ハイパフォーマンスストリートモデルの「タイプGP1S」が23万5000円。そしてゲイルスピード史上最軽量モデルの「タイプSB1」が30万円となっている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7/16(火) 18:30
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事