ここから本文です

韓国大統領府高官「日本が輸出規制撤回するまで断固対応」

7/16(火) 17:41配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長(閣僚級)は16日、日本政府の対韓輸出規制強化を巡り対応策を話し合うため、国会で開かれた青瓦台と与党「共に民主党」の会合で、「日本政府は不当な措置を即刻中断し、今からでも外交的解決に向けたわれわれの努力に積極的に参加するよう強く促す」と述べた。

 鄭氏は「われわれは日本政府が今回の措置を撤回するまで断固たる対応を取る」と強調。日本政府が事前協議なしに輸出規制を強化したことは1965年の国交正常化後、苦労して築き上げてきた韓日友好善隣関係の根幹を揺るがす非常に深刻で無謀な挑戦だと批判した。

 また、「一方的な貿易規制措置は両国が共に追求する世界自由貿易の原則にも根本的に反する」と指摘した上で、「政府は最近、日本政府が不幸だった過去の歴史に関する意見が異なることを理由に両国関係を卑下する言動をためらいもなく行っていることを深く憂慮している。失望とともに(日本の言動を)注視している」と述べた。

最終更新:7/16(火) 17:41
聯合ニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事