ここから本文です

【追記:日本は9/6発売、40万円前後】ソニー、「α7R IV」を発表。フルサイズ初の6100万画素センサーを搭載するも「高画素機」の枠に収まるとは思えない

7/16(火) 23:21配信

ギズモード・ジャパン

α7R IV「私の画素数は6100万です(フルサイズセンサーで)」

2019年7月16日23時、Sony(ソニー)がデジタル一眼カメラ「α7R IV」を発表しました。新型の裏面照射型CMOSセンサー「EXMOR R」を搭載し、その画素数はフルサイズカメラとしては世界初の6100万画素です。発売は2019年9月で、価格は3,500ドル(約37万9000円)。

【全画像をみる】【追記:日本は9/6発売、40万円前後】ソニー、「α7R IV」を発表。フルサイズ初の6100万画素センサーを搭載するも「高画素機」の枠に収まるとは思えない

2019年7月17日 13:00 追記:

日本でも正式発表されました。発売日は9月6日(金)で7月23日(火)から予約開始、オープン価格で40万円前後(税抜)を想定(思ったより上がらなかった!)です。

2019年7月17日 13:10 追記:

ソニーショールーム/ソニーストア 銀座では7月19日(金)、ソニーストア 札幌、名古屋、大阪、福岡天神では7月20日(土)から、「α7R IV」と縦位置グリップ「VG-C4EM」が先行展示されるそうです!

化け物ですね、これは…。

単なる高画素機ではなく「高画素を軸とした万能機」(たぶん)

その主なスペックを書き出してみましょう。ハイアマチュアに高い人気を誇った前モデル「α7R III」の後継機にふさわしいインパクトがあります。

・フルサイズカメラとしては6100万画素のイメージセンサーを搭載(世界初)

・ダイナミックレンジは15ストップ

・位相差AFの測距点が567個。カバー率は74%

・静止画も動画もリアルタイム瞳AF対応。人間も動物も認識

・秒間10コマ撮影可

・リアルタイムトラッキングAFにも対応

・4K動画撮影に対応、S-Log2/3、HLGにも対応

・マルチインターフェースシューがデジタル信号対応の新型(おそらくは世界初)

・5.5段階の5軸ボディ内手ぶれ補正

・ファインダーは576万ドットのUXGA有機EL

・USB-CおよびWi-Fiでのデータ転送には当然のように対応

・SDカードスロットはふたつ

・グリップが改善されている

・防塵防湿

現時点で、前モデル「α7R III」からの大きな変更点は、「画素数の増大(4240万画素→6100万画素)」「AF性能の向上(測距点が399点→567点)」「ダイナミックレンジの向上(14ストップ→15ストップ)」。画質の向上が図られたとともに、取り回しもよくなっている、と見ていいでしょう。AF性能上げてるのがキてる。個人的にはダイナミックレンジの向上が撮れる写真や映像の質感にどれほど影響するかが気になりますね。

写真や動画を撮る上で重要なポイント3つをまとめてアップデートしてきたこと、またソニーがα7R IVを「α9とは異なる、もうひとつのマイルストーン」と呼んでいたことから、α7R IVが「高画素を軸とした次世代型万能機」として構想されているのはまちがいないように思います。前モデルのα7R IIIは「高画素なセンサーを搭載するカメラは通常暗所は苦手なのにα7R IIIはいける」という化け物じみた高画素機でした。α7R IVは、α7R IIIが実現していた「1台で何でも撮れる」という万能感・全能感、それを次世代化する、そんなカメラなような気がします。

1/2ページ

最終更新:7/17(水) 13:21
ギズモード・ジャパン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事