ここから本文です

虹コン結成5周年!未来を見据えた東西ワンマンで新曲披露

7/16(火) 16:53配信

音楽ナタリー

虹のコンキスタドールの結成5周年記念公演「虹コン5周年Anniversary LIVE~今年もあなたと過ごすサマー!~」が、7月14日に神奈川・Yokohama Bay Hall、昨日15日に大阪・umeda TRADで行われた。ここでは結成記念日当日の横浜公演の模様をレポートする。

【写真】虹のコンキスタドール「虹コン5周年Anniversary LIVE~今年もあなたと過ごすサマー!~」Yokohama Bay Hall公演の様子。(メディアギャラリー他31件)

満員のフロアが虹色のペンライトで埋め尽くされる中、12人のフルメンバーでステージに登場した虹コンは、結成当初から歌い続けてきた「女の子むてき宣言!」で元気いっぱいにライブをスタートさせる。続けて「戦場の聖バレンタイン」で熱狂的なMIXを巻き起こすと、そこから「THE☆有頂天サマー!!」「ずっとサマーで恋してる」「限りなく冒険に近いサマー」とサマーチューンを3連発。ライブは冒頭から異様な盛り上がりを見せた。5曲を終えたところでメンバー1人ずつ自己紹介を行い、リーダー的場華鈴はこの日初めてイヤーモニタを装着してのライブに挑んでいることを報告。ファンのコールとの一体感を重んじる虹コンにとって外部の音をシャットダウンするイヤモニを使用するのは大きな決断だが、鶴見萌は「めっちゃ聞こえるよ! 皆さんの声が届くように、皆さん用のマイクが置いてあるんですよ」と、会場内に設置したマイクの音がイヤモニに届くよう設定していることを明かした。

次のブロックでは、初期メンバーの的場、鶴見、中村朱里、根本凪、大和明桜からなるユニット・虹のコンキスタドール赤組が初のオリジナルソング「天文学的ノンフィクション」をお披露目。続いて岡田彩夢、片岡未優、隈本茉莉奈、清水理子、蛭田愛梨、山崎夏菜、山本莉唯からなる虹のコンキスタドール青組もオリジナルソング「真夜中のテレフォン」を歌う。そしてここからライブ終盤まで、メンバー12人がそれぞれチョイスした“推し曲”がメドレー形式で一気にパフォーマンスされた。メンバーがゾンビと化す「+ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド+」、清水のアカペラから始まる「電光石火、夏花火。」、メロウなトラックに乗せてラップする「LOVE麺 恋味 やわめ」、ソウルフルなディスコナンバー「パラダイスな片思い」など5年の歴史を凝縮したようなパフォーマンスで一気に駆け抜け、メドレーの最後は「みんなの推し曲」として虹コンを代表するキラーチューン「トライアングル・ドリーマー」で締めくくった。

改めて虹コンだいすきマン(虹コンファンの呼称)への感謝を述べた彼女たちは、「私たちからの感謝の思いを込めて歌います」と、初期のナンバー「初めて虹を見つけた日のことを今でも覚えていますか」を披露。さらに「心臓にメロディー」で場内にエモーショナルなムードを作り上げた。そしてメンバー1人ひとり、目の前の虹コンだいすきマンに向けて思いを伝えていく。最年長の鶴見は「スタッフさんにも『萌ちゃんとか最年長だしいつ辞めてもおかしくないよね』とか思われてるらしいけど、私ずっと言ってるじゃないですか。安心安全の鶴見萌って! この先ずっと虹コンと一緒に突き進んで、皆さんに素晴らしい景色を見せることをお約束します」と力強く宣言。1期生としてグループを支える根本は「5年もやってきて、家族よりも一緒にいる存在がメンバーであり、ここにいるみんなだったりするので、虹コンが実質根本家よりも実家なんじゃないかっていうぐらい密度の濃い時間を過ごしてきました。虹コンという家族が幸せで温かいものを作っていけたらと先の繁栄を願うばかりで、これからも家族として活動していけたらいいなと思っているので、ぜひ付いて来てくれたらありがたいっす」と呼びかけた。リーダー的場は「今、実は自分の人生と虹コンの関係についてすごく悩んでいて……この5年間は虹コンがただただ好きという気持ちだけでいろんなことを乗り越えてきたけど、虹コンが大きくなっていくのを感じる中で、好きという気持ちだけで続けていく難しさも感じています。大好きなのに嫌いになってしまうようなことも山ほどあったりして……でも私はリーダーだから、理想の虹コンのリーダー像はそんなもんじゃないと思ってずっと気持ちを隠してきました」と涙を浮かべながら心情を吐露。そして「でも6年目に入って、自分が虹コンを好きな理由……理由なんていらないのかもしれないけど、虹コンはこの12人でいなくちゃいけないっていう確固たる理由を今さらだけど探していけたらと思います。1つ言いたいことは、今も昔も私は虹コンを守ろうと思っていますので、6年目もよろしくお願いします!」と力強く告げると、観客は温かい拍手で応えた。この日のラストナンバーとして用意されたのは、初披露の新曲「あなたと見る青空に明日も虹が架かりますように」。メンバーが語った決意をそのまま言葉にしたような優しい歌声が広がった。

熱烈なアンコールを受けて再び登場した虹コンは、その熱気に応えるようにアッパーチューン「やるっきゃない!2018」を披露。最後は7月10日にシングルリリースされたばかりの最新のサマーチューン「愛をこころにサマーと数えよ」を歌い、フロアにこの日一番の熱狂を作り上げた。

このライブで初披露された新曲「あなたと見る青空に明日も虹が架かりますように」は、赤組と青組のユニット曲を含む配信シングルとして7月15日にリリースされた。また虹コンは7月21日、神奈川・神奈川県民ホールにて初のバックバンドを従えてのワンマンライブ「RAINBOW JAM2019」を行う。

■ 虹のコンキスタドール「虹コン5周年Anniversary LIVE~今年もあなたと過ごすサマー!~」
2019年7月14日 Yokohama Bay Hall セットリスト


01. 女の子むてき宣言!
02. 戦場の聖バレンタイン
03. THE☆有頂天サマー!!
04. ずっとサマーで恋してる
05. 限りなく冒険に近いサマー
06. 天文学的ノンフィクション / 虹のコンキスタドール赤組(鶴見萌、中村朱里、根本凪、的場華鈴、大和明桜)
07. 真夜中のテレフォン / 虹のコンキスタドール青組(岡田彩夢、片岡未優、隈本茉莉奈、清水理子、蛭田愛梨、山崎夏菜、山本莉唯)
08. +ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド+
09. chaos and creation
10. キミは無邪気な夏の女王~This Summer Girl Is an Innocent Mistress~
11. じゃんぷ!
12. 奇跡100%
13. わたし時々、魔法少女
14. 電光石火、夏花火。
15. ↓エイリアンガール・イン・ニューヨーク↑
16. LOVE麺 恋味 やわめ
17. パラダイスな片思い
18. きみの気持ち教えて
19. in(door)the Summer
20. トライアングル・ドリーマー
21. 初めて虹を見つけた日のことを今でも覚えていますか
22. 心臓にメロディー
23. あなたと見る青空に明日も虹が架かりますように
<アンコール>
24. やるっきゃない!2018
25. 愛をこころにサマーと数えよ

■ 虹のコンキスタドール「RAINBOW JAM 2019」
2019年7月21日(日)神奈川県 神奈川県民ホール

※記事初出時、本文に一部誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

最終更新:7/18(木) 15:51
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事