ここから本文です

橋本道場勢がベルト3本奪取 イノベーション対レベルスは2勝1敗でイノベに軍配

7/16(火) 14:18配信

デイリースポーツ

 「キックボクシング・JAPAN KICKBOXING INNOVATION『Join Forces-14』」(15日、東京・新宿FACE)

 メインイベントでINNOVATIONスーパーライト級王座決定戦が行われ、同級2位でINNOVATIONの橋本悟(橋本道場)が同級1位でREBELSの潘隆成(クロスポイント吉祥寺)を2回2分36秒、TKO(レフェリーストップ)で破り、新王者に認定された。橋本はライト級に続く2階級制覇を達成した。

 このメインを含む最後の3試合はINNOVATIONとREBELSの3vs3対抗戦として行われた。

 中堅戦は元REBELS65kg王者のUMA(K&K BOXING CLUB)がINNOVATIONウェルター級王者の番長 兇侍(Hardworker)を1回1分46秒、TKO(セコンドのタオル投入)で撃破。

 先鋒戦はINNOVATIONスーパーフェザー級王者の久井淳平(多田ジム)がREBELSの浜本“キャット”雄大(クロスポイント大泉)の額を左肘打ちでカットし、3回20秒、TKO勝ち(ドクターチェックからレフェリーストップ)。対抗戦は2勝1敗でINNOVATIONが制した。

 INOVATIONスーパーバンタム級王座決定戦は1位の岩浪悠弥(橋本道場)が2位の和斗(井上道場)を判定3-0で破り新王者に認定された。岩浪はバンタム級、フライ級に続く3階級制覇を達成した。

 INNOVATIONフェザー級王座決定戦は5冠王の宮元啓介(橋本道場)が3位の直也(Versus)を延長マスト判定3-0で破り、新王者に認定された。宮元はスーパーバンタム級に続く2階級制覇で、6本目のベルトを手にした。橋本道場勢はこの日、3本のベルトを獲得している。

 INNOVATIONスーパーフェザー級挑戦者決定トーナメント決勝戦は1位の櫻井健(Hardworker)が4位のマサル(MONKEY☆MAGIC)の額を右肘打ちでカットし、3回1分22秒、TKO勝ち(ドクターチェックからレフェリーストップ)。挑戦権を手中にした。

最終更新:7/16(火) 14:40
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事