ここから本文です

リーチ主将「いい土台を作れた」強化合宿を打ち上げ

7/16(火) 15:40配信

デイリースポーツ

 「ラグビー・日本代表合宿」(16日、シェラトングランデオーシャンリゾート)

 6月9日に集合し、3次に分けて行われてきた強化合宿を打ち上げた。午前中の全体練習を終えて全員で円陣を組み、「カントリーロード」の替え歌でチームソングの「ビクトリーロード」を合唱。一本締めで締めくくった。

 フランカーのリーチ・マイケル主将(30)=東芝=は「いい土台を作れた。フィジカルの面の向上はできた。走力がかなり上がった。疲れたときにいかに集中できるか。そこが上がってきています」とチームとしての成果を挙げ、「W杯でしんどいなと思ったときにこの合宿を思い出せば力になる」と話した。

 リーチ主将は恥骨の炎症のため序盤は別メニューだったが、「まったく(練習)できない状態から最後はほぼフル参加できるようになった」と復調に手応えを口にした。

 4年前も宮崎で強化合宿を行い、W杯に臨んだ。南アフリカに勝つなど、1次リーグ3勝を挙げた。

 SH田中史朗(34)=キヤノン=は当時と比較して「エディーのときより、こっちの方がキツいです。年齢的なものもありますが、内容的にもこっちの方がキツいです」と説明。さらに「日本のレベルが上がっているというのは確実にあります。僕は2011年からやっているので」と日本代表の進化を実感していた。

最終更新:7/16(火) 23:20
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事