ここから本文です

「べしゃり暮らし」間宮祥太朗&渡辺大知らに、劇団ひとりがコンビ継続を打診

7/16(火) 18:37配信

コミックナタリー

森田まさのり原作によるドラマ「べしゃり暮らし」の記者会見が、本日7月16日に東京・六本木ヒルズアリーナで開催された。

【写真】ドラマ「べしゃり暮らし」記者会見の様子。(メディアギャラリー他21件)

イベントには上妻圭右役の間宮祥太朗、辻本潤役の渡辺大知、子安蒼太役の矢本悠馬、鳥谷静代役の小芝風花、土屋奈々役の堀田真由、梵健太役の浅香航大、金本浩史役の駿河太郎、藤川則夫役の尾上寛之、上妻しのぶ役の徳永えり、上妻潔役の寺島進が登壇。間宮や渡辺が学生服で登場する中、圭右の父・潔を演じた寺島はそば屋の店主の服装で登場し会場を沸かせる。

間宮が撮影開始前のことを「オフの日が潰れてもいいから漫才の練習をしたいと思っていたんです。でも最初に大知くんと漫才を合わせたとき、(演出を担当した劇団)ひとりさんが『なんか違うなあ』って。それで台本を置いて適当に漫才を楽しんでやってみてと言われたんです」と回想すると、渡辺は「本番まで練習しないでほしいと言われて。不安だったけどひとりさんを信じてやりました」と裏話を披露。そんな2人の漫才について矢本は「期待していいと思います。僕は役で笑うシーンが多いんですけど、素で笑ってました。アドリブも刺激的」と絶賛し、堀田も「客席で漫才を観ることが多かったんですけど、私も素で笑ってました」と撮影を楽しんでいたことを伝える。

寺島は「人を笑わすことのできる芸人さんは素晴らしい仕事。間宮、よくぞやった! おそば屋さんと芸人さんを尊敬するようになりました」と、息子の圭右を演じた間宮に触れながらコメント。圭右の姉を演じた徳永は「うちの弟は本当におもしろいです。おふたりの漫才を見たときに、笑いを通り越して感動して泣いてしまった」と明かし、太鼓判を押した。

プロ漫才コンビ・デジタルきんぎょを演じた駿河と尾上の話題になると、間宮が2人の漫才を絶賛。駿河は「(練習を)あまりしてないよ」と言うと、渡辺は「テスト前にそういうこと言う人いる!」と突っ込む。駿河が実際は長時間練習したことを打ち明けると、尾上は「太郎さんと僕はお笑いの好みが一緒で。最初はブラックマヨネーズさんを目標にしてました」と述懐。駿河は尾上を横目で見ながら「めちゃめちゃハードルが上がった……。出だしだけね! イメージの話!」と説明した。

本作の編集作業のためイベントに参加できなかった演出の劇団ひとりからはメッセージが到着。劇中で漫才を披露したキャスト陣に向け、「クランクアップで『はい、おしまい』だと悲しいから、実際にコンビとして続けてもらいたいです。ライブとかも出てほしいし、M-1(グランプリ)も挑戦してほしいし、闇営業もやってもらいたい(笑)。そこでスキルアップしたら、ドラマ『べしゃり暮らし』の第2弾、第3弾で漫才を見せてもらえればと思います」と声をかけた。

イベントの終盤には、間宮と渡辺が漫才を行うことに。2人はドラマ「相棒」やアニメ「ドラえもん」、劇団ひとりの妻である大沢あかねを題材にしたネタを披露し、笑いの絶えない雰囲気で会見は幕を閉じた。

「べしゃり暮らし」は笑いに貪欲な高校3年生・上妻圭右が、高校生ながら元プロの芸人だった辻本潤と出会い、芸人を目指して成長していく青春ストーリー。ドラマの放送は7月27日にスタートする。

(c)森田まさのり・スタジオヒットマン/集英社 (c)テレビ朝日・東映

最終更新:7/16(火) 18:37
コミックナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事