ここから本文です

父は“ハマの番長”平塚学園・三浦澪央斗が夏初登板 1回2失点もコールド勝ち

7/16(火) 18:48配信

デイリースポーツ

 「高校野球神奈川大会・2回戦、平塚学園9-2厚木清南・愛川・中央農」(16日、大和スタジアム)

【写真】父のピッチングフォーム 比べると…

 DeNA・三浦大輔投手コーチの長男、平塚学園・三浦澪央斗(れおと)投手(3年)が、6-0のの七回から登板。1回4安打2失点だった。

 中前打と自らの失策で無死一、二塁。ここで三塁前へのバント安打を決められ、さらに三塁手の悪送球も重なり2点を失った。

 さらに2安打を打たれてピンチを招いたが、二ゴロ、遊飛に抑えた。

 夏の公式戦初登板はほろ苦い内容となったが、チームはコールド勝ちを飾った。

 三浦は「初めてだったので緊張したけど、今までやってきたことを全部出し切ろうと思った」と振り返りながら、1回2失点の結果に「悪かったですね。納得はできない」と唇をかんだ。

 父からは「2年半やってきたことを全部だしきって勝負してこいと言われている」という。「自分が出し切ったと思える夏にしたい」と、次戦を見据えた。

最終更新:7/16(火) 19:09
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事