ここから本文です

WANIMAが3都市野外ライブ完走!「S2O」とのコラボライブで幕張のビーチをずぶぬれに

7/16(火) 21:44配信

音楽ナタリー

WANIMAが昨日7月15日に千葉・幕張海浜公園 S2O JAPAN特設会場でワンマンライブ「WANIMA × S2O JAPAN Good Job!! Release Party~カオス!! ギネス!? 日本初!!~ in 幕張海浜公園」を開催した。

【写真】「WANIMA × S2O JAPAN Good Job!! Release Party~カオス!! ギネス!? 日本初!!~ in 幕張海浜公園」の様子。(撮影:瀧本JON...行秀)(メディアギャラリー他8件)

6月よりシングル「Good Job!!」の発売を記念した野外ライブ「Good Job!! Release Party」を行ってきたWANIMA。北海道、熊本公演に続いて開催された千秋楽の幕張海浜公園公演は、“世界で最もずぶ濡れになる音楽フェス”「S2O」の日本版「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」とコラボして行われ、海に臨んだ砂浜の会場のいたるところに設置された放水装置から約100万リットルの水が撒かれた。

おなじみのSE「JUICE UP!!のテーマ」に乗って約2万人の観客の前に姿を現したWANIMAは、軽快なコール&レスポンスを繰り広げたのち、「オドルヨル」でライブをスタートさせる。1曲目から会場には大量の水が撒かれ、ジャンプやモッシュピット、シンガロングなどで思い思いにライブを楽しむファンをずぶぬれに。続く「OLE!!」ではステージ上でCO2が勢いよく噴射し、さらに会場をヒートアップさせた。

KENTA(Vo, B)は「日本で一番『S2O』が好き、ぬれぬれボーイズです!」と自己紹介し、「今日はもうただでは帰れんからね」「3万曲持ってきました!」と笑顔で挨拶。放水に加え、ファンの頭上を巨大なボールが転がるというお祭り騒ぎな状況の中、3人は「渚の泡沫」や「サブマリン」といった疾走感あふれるナンバーを次々に演奏していく。FUJI(Dr, Cho)による恒例のモノマネコーナー後に披露されたサマーソング「夏の面影」ではKENTAが「幕張の面影」という替え歌でファンを沸かせ、アサヒ飲料「三ツ矢サイダー」のテレビCMソングである新曲「夏のどこかへ」ではKO-SHIN(G, Cho)のソリッドなギターソロが炸裂した。

その後もWANIMAは亡くなった祖父に向けてKENTAが作ったナンバー「1106」や、「Good Job!!」の収録曲「アゲイン」などを間髪入れずに畳みかけて会場を熱狂させる。KENTAは「毎日苦しい思いとか、我慢している子もいると思うから今日1日は楽しんで帰ってください。俺らもやりたくない練習たくさんしてきたから、それはみんなのためだから」と語ったのち、「Hey Lady」の歌い出しでしっとりした歌声を響かせ、「ANSWER」のイントロでは「みんなに答えが見つかったらいいなと思います」という言葉をファンに送った。そして3人は会場に水が撒かれる一方でステージ上に火柱が上がるという派手な演出に合わせ、本編最後に「いいから」をプレイ。アンコールでは「リベンジ」で会場を盛り上げたほか、ファンからのリクエストに応えて「エル」を披露した。さらにKENTAの「共に歌ってくれ!」という叫びを合図に彼らは「ともに」「花火」を立て続けに演奏し、会場近くで打ち上がる盛大な花火をバックに「Good Job!! Release Party」の幕を閉じた。

■ WANIMA「WANIMA X S2O JAPAN Good Job!! Release Party~カオス!! ギネス!? 日本初!!~ in 幕張海浜公園」2019年7月15日 幕張海浜公園 S2O JAPAN特設会場 セットリスト
01. オドルヨル
02. OLE!!
03. 渚の泡沫
04. 昨日の歌
05. サブマリン
06. 夏の面影
07. つづくもの
08. 夏のどこかへ
09. 1106
10. アゲイン
11. 雨あがり
12. BIG UP
13. Hey Lady
14. ANCHOR
15. シグナル
16. ANSWER
17. いいから
<アンコール>
18. リベンジ
19. エル
20. ともに
21. 花火

最終更新:7/16(火) 21:44
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事