ここから本文です

フリーダイバー世界記録保持者 木下紗佑里さん アパートから転落死

7/17(水) 0:09配信

デイリースポーツ

 フリーダイビングで世界記録を樹立した木下紗佑里=本名・木下紗由里=さんが今月11日に沖縄県内のアパートから転落し、搬送先の病院で15日に亡くなった。30歳だった。木下さんの実姉が公式Facebookで訃報を伝えた。

 姉によると、木下さんは11日、沖縄県内のアパートから「不慮の事故で転落し、病院で治療しておりました」という。普通の人なら即死の事故と言われるものだったという。しかし、「皆さんもご存知の通り、人並み外れた健康で丈夫な体をもっていたので、5日間も命を繋ぎとめ、たくさんの方々に駆けつけて頂きました。」と伝えた。

 海が大好きだった木下さんは、「海の日」の15日に旅立った。

 仮通夜は15、16日に沖縄県うるま市で営まれ、長崎県大村市内で17日に本通夜、18日に告別式が営まれる。「後日また、生前のさゆりの強い希望もあったので、お通夜や告別式とは別に、日を改めて明るく楽しく『お別れ会』を開きたいと思っています」と記されている。

 木下さんは1988年生まれ、長崎県出身。フリー・イマージョン(足ひれをつけずロープをつたって潜る)で女子世界記録(97メートル、2018年に記録)を保持していた。

最終更新:7/17(水) 1:00
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事