ここから本文です

ケンドーコバヤシ、2年間公私とも変化なし ショック隠せず「足が震えました…」

7/16(火) 15:53配信

オリコン

 お笑いタレントのケンドーコバヤシが16日、都内で人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズ初の3DCGアニメ映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』(8月2日公開)の完成報告会見に参加した。

【写真】背中が大胆に透けたシースルーの衣装で登場した有村架純

 同作は1992年に発表された『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』が原案。勇敢な主人公・リュカ役は佐藤健、リュカの運命の相手となる2人の女性・ビアンカ役は有村架純、フローラ役は波瑠が務める。また、いたずら好きな王子・ヘンリー役を坂口健太郎、リュカの父・パパス役を山田孝之、パパスの従者のサンチョをケンドーコバヤシが担当する。

 同アニメはプレスコという制作方法を採った。2年ほど前に音声を撮り、それに合わせたアニメーションを制作するというもの。ケンコバは「2年前に最初に声を入れた。そこからリップを合わせる作業で、ずいぶん前からやるねんなと思った」という。

 2年後という未来を思い描き「まぁ、そのころにはいろいろ成長して、公私ともに変わっているんだろうな」と思っていたそう。そして間もなく、封切りを迎える。「いざ、間近になったら1ミリも立ち位置が変わっていない。今朝、気づいて足が震えました、ホントに。何も成長していないな、と」と背筋がゾッとしたことを口にしていた。

 また、印象深いシーンについてはシリーズでおなじみの呪文バギのシーンを挙げた。「バトルシーンでバギ系って、こう使うのかって思った」としみじみ。続けて「ビアンカが1人で階段を降りるシーンがあるんですけど、ゾクゾク来ました」と絶妙な表情を絶賛していた。

 会見には、そのほか、原作・監修の堀井雄二氏、音楽のすぎやまこういち氏、総監督・脚本の山崎貴氏、八木竜一監督、花房真監督も参加した。シリーズ生みの親である堀井氏は「Vは1番、思い入れのある作品」と明かし、実際に作品を見た感想について「素晴らしいです」と力強く語った。未だに意見が割れ続けるビアンカ、フローラのどちらを花嫁にするか、という問題については「楽しみにしてください」と含みを持たせる笑みを浮かべた。

最終更新:7/17(水) 19:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事