ここから本文です

日産 新型スカイラインが2019年9月発売決定!|プロパイロット2.0を搭載し、デザインも一新

7/16(火) 10:01配信

MOTA

新型スカイラインが2019年9月に発売

日産は2019年7月16日、先進運転技術「プロパイロット2.0」を搭載した新型スカイラインを同年9月より発売すると発表した。価格は427万4640円~632万7720円(消費税込み)。

■Vモーショングリルと丸いテールランプが復活! 新型スカイラインの内外装を画像で見る(19枚)

スカイラインは1957年の誕生から62年を迎えた、日産を代表するプレミアムセダンである。
新型スカイラインには先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載する。またガソリン車には「3.0L V6ツインターボエンジン」を新たに搭載し、スカイライン史上最高の400馬力を実現した400R(グレード)もラインナップした。
また新しいコネクテッドサービス「Nissan Connect」では、新世代の専用車載通信ユニットによる多彩なサービスも提供する。

新型スカイラインの主な特徴

■スカイラインらしいデザインが復活
新型スカイラインの外装は、フロントに日産ブランドの象徴である「Vモーショングリル」を採用し、スカイラインのスポーティな雰囲気を凝縮したフロントフェイスとなっている。
またリアにはスカイラインのアイコンである「丸目4灯リアコンビネーションランプ」を採用し、均一に光るLEDランプにより、先進的でありながらも後続車に一目でスカイラインと分かるデザインとなっている。
さらにボディカラーには新色「カーマインレッド」が追加された。光の当たり具合によって鮮やかな発色と深みのある陰影のコントラストが生まれ、スポーティなエクステリアデザインを際立たせている。

■プロパイロット2.0専用装備を採用した内装
新型スカイラインの内装は、プレミアムスポーツセダンとしての機能性と質感をさらに向上させた。
またハイブリッド車には日産国内初採用のカラーヘッドアップディスプレイや、7インチの大画面アドバンスドライブアシストディスプレイなど、プロパイロット2.0の専用装備を採用している。
 
■400馬力の「400R」をラインナップ
ガソリン車に採用した3.0L V6ターボエンジン(VR30DDTT)は、アクセルを踏んだ瞬間から力強い加速を味わうことができ、圧倒的なパフォーマンスと研ぎ澄まされたレスポンスを両立している。
また新たにラインナップされた400Rは最高出力298kW(405PS)/6400rpmを実現し、スカイライン史上最高馬力を誇るモデルとなっている。

■サスペンションとステアリング
新採用のインテリジェントダイナミックサスペンションは、走行シーンに合わせてサスペンションの減衰力を緻密に制御し、車体の挙動を安定させる。これにより、スポーティな走行での優れた操縦安定性を実現するとともに、車体の揺れを低減して快適な乗り心地も実現している。
またダイレクトアダプティブステアリングは、ステアリングの切りはじめのレスポンスを向上させ、ライントレース性を高めた。低速から中速での操舵の過敏さを軽減しながら、クルマの応答性を向上させた。

1/3ページ

最終更新:7/16(火) 10:01
MOTA

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事