ここから本文です

木材専門の調査会社、レンゴー調査(株)(東京)が破産申請へ

7/16(火) 12:12配信

東京商工リサーチ

 レンゴー調査(株)(TSR企業コード:291238637、法人番号:6010001060697、中央区日本橋富沢町5-4、設立1970(昭和45)年12月、資本金1500万円、宮副祐好社長)は7月12日、東京地裁への破産申請を木村雅行弁護士(木村・角田法律事務所、新宿区四谷三栄町4-10、電話03-5919-0237)に一任した。
 負債は現在調査中。
 建材、木材、住宅機器、家具木工、建設などの住宅関連産業の企業信用調査、信用情報(倒産情報)の収集および提供を会員企業向けに行っていた。東京本社、東北、信越、北海道地区に調査拠点を設置、さらに関連会社の大阪本社を含めて全国一円に調査網を確立、ピークとなる1986年9月期には売上高約6億3000万円をあげていた。
 しかし、木材需要の低迷などにより会員先数は減少。2018年9月期の売上高は約2億5000万円にとどまった。経費見直しなど進めたが、経営は好転せず今回の措置となった。
 また、関連のレンゴー調査(株)(TSR企業コード:570805120、法人番号:9120001048472、大阪市西区、小嶋誠社長)は2019年7月5日、大阪地裁より破産開始決定を受けた。

最終更新:7/16(火) 12:12
東京商工リサーチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事