ここから本文です

ポケモンGO、「調べてもらう」の評価UIが大幅改善。PvPのチャージ攻撃操作もリニューアル

7/16(火) 11:32配信

Engadget 日本版

ポケモンGOが「ポケモンを調べてもらう」評価システムと、トレーナーバトルにおけるチャージ攻撃インターフェースのリニューアルを予告しました。

大人のポケモンずかん

「ポケモンを調べてもらう」はこれまで曖昧なセリフを何枚も送って読まされていたのが、リニューアル後はひと目で分かる三つ星評価と、攻撃・防御・HPのグラフを即表示してくれるように大幅改善されます。

チャージ攻撃は、従来は単純に連打するだけだったのが、わざのタイプにあわせて切り裂くようにスワイプしたりタップするミニゲーム的なインターフェースをプレビューしています。

チームリーダーにポケモンの評価を訊く「ポケモンを調べてもらう」は、これまでリーダーごとに違う定型セリフの組み合わせを、要素ごとにタップして送る仕組みでした。

「目を引く」「まずまず」「かなり」など曖昧な表現なのは、ポケモンをただの数字に置き換えない世界観から妥当としても、それぞれの要素を順送りに読ませてキャンセルもできないため、最初のざっくり評価でもう用がなくなっても画面を連打して消す面倒がありました。

コミュニティ・デイなどで大量に捕獲して育成すべき対象を見極めるときなどは、このいちいち送って次のポケモンを選んで、またメニューから「ポケモンを調べてもらう」を押す面倒な繰り返し作業になります。毎回ポケモン詳細画面に戻るため、連打でうっかり不必要なサードアタックの「解放」などを誤タップしてしまうと目も当てられません。

リニューアル後インターフェースのプレビューでは、「ポケモンを調べてもらう」を押した途端に三つ星アイコンの総合評価らしきものと、攻撃・防御・HPに分けたグラフが直接表示。しかも、閉じてポケモン紹介画面に戻ることなく、左右にスワイプで連続的に次のポケモンをブラウズできます。

従来の「メニューボタン、調べてもらう、連打、スワイプで次のポケモン、メニュー、調べてもらう」からは天と地の変化です。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 12:52
Engadget 日本版

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事