ここから本文です

【キャンペーン中】「JALカードSuicaゴールド」と「ビュー・スイカ」でのポイントの貯め方・使い方を徹底解説

7/16(火) 11:01配信

マネーの達人

■JALカードSuicaゴールドは「JALカード特約店」でマイルが2倍!

主なJALカード特約店は、以下のようになります。

・ 日本航空
・ イオン
・ ファミリーマート
・ エネオス
・ ロイヤルホスト
・ マツモトキヨシ
・ ノジマ
・ ルートインホテル
・ スターバックスカード(クレジットチャージ)

■ビュー・スイカには「ビューカード特約店」制度も

ビュー・スイカは先ほど紹介した「VIEWプラス」、「登録したSuica利用でたまる」だけでなく、JALカードSuicaゴールドにはない「ビューカード特約店」の制度もあり、以下の店舗ではポイントが2倍の1%になります。

・ エネオス
・ ENEOSでんき
・ トレン太くん

1年間でどれだけマイル・ポイントがたまるかシミュレーション

カードの基本情報が分かったところで、「JALカードSuicaゴールド」、「ビュー・スイカ」を1年間使うとどれだけポイント・マイルがたまるか、とある30代独身会社員の1年間をシミュレーションしてみましょう。

大きな支出のみを抽出していますが、頻繁にカード利用をすればこれ以上のポイント・マイルはたまります。

たまったマイル・ポイントの使い方

■JALカードSuicaゴールドはJALの特典航空券がおすすめ!

JALカードSuicaゴールドでためたマイルは、

・ 特典航空券
・ アップグレード
・ 電子ポイント
・ JALクーポン
・ WAON
・ Suica
などに交換できますが、最もコスパが高いのはやはり特典航空券です。

通常、JALの国内往復特典航空券は往復1万2000マイルからなので、1万2066マイルだとぎりぎりOKです。

ただし、JALカード限定で必要マイルが割引されるサービスがあり、東京⇔奄美が往復1万1500マイルで往復可能です(2019年12月1日~2020年2月29日の期間限定)。

また、発着空港や目的地が限定され指定もできませんが、「どこかにマイル」というサービスを利用すれば往復6000マイルで特典航空券に交換できます。

「期間も行き先も自分で自由に決めたい」という方は、JRE POINTの7535ポイントをJALマイルに交換するといいでしょう。

2万520円のカード年会費とは別に3240円の年会費がかかりますが、「500JRE POINT → 1000マイル」の好条件で移行でき、1万1937マイルに1万5000マイルをプラスすると、2万6937マイルになります。

2万6937マイルがあれば、国内はいつでもどこでもOKなのに加えて、国際線の往復特典航空券も台湾・グアム・ホーチミンくらいまででしたらOKです。

ちなみに、成田⇔グアムのフライトは往復5万100円(10月25日成田発、10月28日グアム発)で、必要マイルは往復2万マイルなので、1マイルの価値は2.55円となります。

2/3ページ

最終更新:7/16(火) 11:01
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事