ここから本文です

トピー工業、キャタピラー社のサプライヤー評価で7年連続最高位取得。鉱山機械用ホイールで

7/16(火) 6:03配信

鉄鋼新聞

 トピー工業(社長・高松信彦氏)は12日、鉱山機械用ホイールのサプライヤーとして、キャタピラー社から2018年「SQEP(取引先最適品質体制)」について最高位であるプラチナ認証を7年連続で取得したと発表した。8千社超ものサプライヤーの中、最高位を7年以上連続して取得したのは6社のみと栄誉ある認証となった。
 SQEPはキャタピラー社が毎年、独自の基準によってサプライヤーの品質体制を認証する制度。さまざまな要求項目を総合的に評価し、プラチナを最高位にゴールド、シルバー、ブロンズの4段階で明確な認証基準を定めている。
 また今回、同社は建設機械用足回り部品サプライヤーとしてシルバー認証を取得している。

最終更新:7/16(火) 6:03
鉄鋼新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事