ここから本文です

ヘンリー王子の蝶ネクタイが“偽物”? SNSで物議 「ライオン・キング」プレミアで

7/16(火) 19:50配信

Hint-Pot

すでに結ばれたものを着用している? 専門家がエチケット違反を指摘

 現地時間14日に「ライオン・キング」のプレミアに出席したヘンリー王子とメーガン妃。ふたりはタキシードスーツとAラインのブラックドレス姿で決めていたが、この服装にイギリスのマナーコーチ、ウィリアム・ハンソン氏が疑問を投げかけたと英メディアが報じた。ウィリアム氏のツイッターアカウントにはヘンリー王子の蝶ネクタイ(ボウタイ)にクローズアップした写真がアップされ、SNS上で“物議”をかもしている。

【写真】ロイヤルファンから“偽物”疑惑? ヘンリー王子の蝶ネクタイ

 ◇ ◇ ◇

 ウィリアム氏は「今夜(ライオン・キングのプレミア)のヘンリー王子の蝶ネクタイは“既製”のように見えませんか?」のコメントとともに写真をSNS上で投稿。英紙「サン」の記事によると、通常、正式な蝶ネクタイは1本のタイを結ぶのがマナーだという。しかし、ヘンリー王子のつけていたものは既に結んだ状態に作られた“偽物”ではないか、エチケットに反するのではないか、と指摘。この投稿に、SNS上では同意の声が多く上がり、「メーガン妃はもっとしっかりとヘンリー王子をチェックするべきだ」という非難もあった。

 さらにヘンリー王子が着用したシャツにも「問題」があるという。映画の上映会やガラディナーなどの場では、女性はイブニングドレスを着用するのがマナー。その際、男性はドレスシャツを身に着けるのだが、ドレスシャツがウィングカラーで前にプリーツが付くものであるのに対し、今回ヘンリー王子が着ていたのは普通のワイシャツだった。ウィリアム氏はこの件についてもツイッターで非難したが「しかし、この姿と比べたら、ヘンリー王子の方がしゃれているでしょう」と、同じく「ライオン・キング」のプレミアに登場したファレル・ウィリアムス氏の「タキシードにハーフパンツ」という不思議なスタイルの写真を投稿した。

 ヘンリー王子は、長男アーチーくんの洗礼式の際も、公開された家族写真を見たロイヤルファンから、茶色の靴と黒色の靴下という「足元」が「ひどい」という声が上がったこともある。

 一方のメーガン妃はというと、「ジェイソン ウー」の3454ポンド(約47万円)のブラックドレス、「グッチ」の1680ポンド(約23万円)のクラッチバック、「アクアズーラ」の 640ポンド(約9万円)のパンプスと、国外ブランドでコーディネートして登場した。

Hint-Pot編集部

最終更新:7/16(火) 19:50
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事