ここから本文です

客船「にっぽん丸」、改装で何が変わる?

7/16(火) 11:19配信

ニュースイッチ

新クラスを設定、全船無線LAN導入

 商船三井は2020年春に客船「にっぽん丸」を改装する。2月中旬から4月初めまで約50日かけて工事を行い、全船に無線LAN環境を導入するほか、客室は6人で利用できるコンセプトルームやスイートの新クラスを設定。船内バーの移設、内装、カーペットのリニューアルを計画。環境対応のため、冷房や冷凍・冷蔵庫、照明をはじめとする主要機器の交換なども実施する。

 20年1月からの燃料中の硫黄分規制強化への対応では、年末から硫黄含有の少ない規制適合油を使用する。

 にっぽん丸は、商船三井グループの商船三井客船が運航。1990年に就航し、20年には30周年を迎える。前回、10年の改装工事では客室やラウンジ、スパ・サロンを増設。船体の色や窓のデザインも変更していた。

最終更新:7/16(火) 11:19
ニュースイッチ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事