ここから本文です

昇格組マジョルカがコパ・アメリカベスト11のサイドバックを狙う

7/16(火) 7:20配信

SPORT.es

恐らくCRフラメンゴのプランにはないが、ミゲル・トラウコへのオファーはひっきりなしに届いている。

【コパ・アメリカ ベスト11】優勝ブラジルから最多5人 メッシの名は...

今回はマジョルカがコパ・アメリカのベスト11に選出された同ペルー人DFについて問い合わせている。

『ESPN FC』によると、26歳のサイドバックは、所属クラブとの契約が今年の12月で切れるため、2020年の1月からラ・リーガでプレーするためにスペインのマジョルカからのオファーを受けているようだ。

それに関して、ミゲル・トラウコはヨーロッパでのプレーを望んでいるが、残りのシーズンをレギュラーとしてプレーすることに集中していると指摘している。

「常にヨーロッパへステップアップしたいと思うものだ。その欲求は少しずつ増しているが、僕にはフラメンゴとの契約があり、チームのために全力を尽くしていくよ」と『ESPN』で明らかにしている。

トラウコは、ペルー代表として戦ったコパ・アメリカで際立ったプレーを見せてから高い注目を集めている。大会の全試合において絶対的なレギュラーとしてプレーし、同大会のベスト11にも選出されている。

ペルー代表は今後数ヶ月の間、過密な日程を控えている。9月10日にはブラジル代表との親善試合を行い、エクアドル代表との対戦も決定している。また10月にはウルグアイ代表とホーム&アウェーで親善試合を2試合戦う。

SPORT

最終更新:7/16(火) 8:36
SPORT.es

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事