ここから本文です

メルカリが仕掛ける「隠れ資産」の発掘戦略

7/16(火) 12:06配信

テレ東プラス

「メルカリ」「ヤマト」の新サービス

日本人が自宅などに保管する不要品の総額は、1世帯あたり約70万円と言われている。この「隠れ資産」を活用して市場拡大を考えたのが、個人が自ら売買できる国内最大のフリーマーケットアプリ「メルカリ」だ。

2013年に始まったメルカリは、毎月1300万人が利用し、累計出品数は約11億品。

当初は若者中心のサービスだったが、最近徐々に中高年の利用が増えているという。なんとメルカリで「生前整理」をする高齢者も。一方で、未だに使い方がわからないという「メルカリ潜在的ユーザー」は約3400万人に上るという。

そこで、メルカリ事業開発部の石川佑さん(30)が仕掛け人となり、あるイベントを開催することに。集まったのは全て中高年の人たち。実はメルカリを使ったことのない中高年に、アプリの使い方を説明する無料の講座を開くことにしたのだ。参加者は自宅から売りたいものを1点ずつ持ってきていた。指導員が、買い手が欲しくなるような写真の撮り方や、類似商品を参考にした値段の決め方など、出品のノウハウを説明してくれる。

一度しか着ていない白いブラウスを持参した荒井さんも、メルカリを初めて体験。出品し終えると「今どんどん家の中のモノを捨てていたが、これからは捨てないでメルカリを利用したい」と楽しげに話していた。

盛り上がりを見せたイベントだったが、東京・港区の六本木ヒルズにあるメルカリ本社では、石川さんが浮かない表情。実は、教室に参加した人のうち半数以上が、その後メルカリで出品していなかったのだ。理由は、出品したもののその後商品が売れず、興味を失ったことにあった。

石川さんは、「初回売れると、その後メルカリをどんどん使うというのがデータで出ているので、初回売れるかどうかを意識していく」と分析。早速対策に動き出した。そして、2週間後に開かれたメルカリ教室では、初回とは全く違う結果に。

メルカリ教室を成功させた石川さんは、ある企業とタッグを組んで大きなビジネスを動かそうとしていた。その相手とは、宅配最大手であるヤマト。実はメルカリ教室の会場は、ヤマトの店舗。メルカリユーザーの増加が宅配利用者の増加につながると両社は手を組んだ。しかし、それだけに止まらず、石川さんはさらなる仕掛けを考えていた。ヤマトが近年力を入れる“あるサービス“に目をつけ、家に眠る“隠れ資産“を掘り起こし、メルカリへの出品を増やしてもらう戦略に動き出したのだ。

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 12:06
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事