ここから本文です

台風5号発生 離れていても大雨おそれ

7/16(火) 16:03配信

ウェザーマップ

 16日午後3時、フィリピンの東で台風5号が発生した。中心の気圧は994ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、1時間におよそ15キロの速さで西に進んでいる。
 台風は今後、中国大陸の沿岸に沿って北上する可能性が高く、週の後半は南西諸島や西日本を中心に、南からの湿った空気の流れ込みが強まる見通し。このため、すでに梅雨明けの発表があった沖縄・奄美を含めて、東日本でも雨の強まる所がありそうだ。

 一方、台風そのものが、夏の太平洋高気圧の張り出しを強める働きもある。週末は大雨に加えて、地域によっては、天候の変わり目に差し掛かる可能性もある。今後も、最新の台風情報、大雨に関する情報等に注意が必要だ。

最終更新:7/16(火) 16:17
ウェザーマップ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事