ここから本文です

投資信託の指針のひとつ「基準価額」よく見られる誤解とは

7/16(火) 18:50配信

ファイナンシャルフィールド

預貯金だけでは、資産を育てることができないということについての認識は普及していますが、では、投資信託に預けてみようかと考えたときに、どうやって商品を絞り込むのでしょうか。大きな指針の1つが、基準価額ですがまだ誤解が多く見受けられるようです。

基準価額はそもそも1万円スタート

投資信託を運用会社が販売会社を通じて、一般に販売する場合は当初スタート時の価額は1口1万円です。実際にはここから購入時手数料が控除されますから、販売開始されたばかりの投資信託を購入するときには1万円では足りません。

購入時手数料は、商品によっても取り扱い会社や販売方法によってもかわりますので一概にいくらということはできません。高ければ3%、安ければ(特に最近のネット販売などでETFと呼ばれる商品の場合など)無料の場合もあります。

そこから基準価額は日々、投資信託が組み込まれている個別銘柄の値動きによって上下に変動し、たいてい取引終了後の午後5時以降に一般に告知されます。最近ではインターネットを見ればわかるようになっています。気になる方はメールアラートを設定しておけば自動的に確認できます。

安ければよい?長い時間に忘れられていること

実際に投資信託を購入するときに、販売開始のタイミングで購入するよりも、すでに販売されているものを購入するほうが圧倒的に多いです。

したがって、一般に投資信託を購入するときの基準価額が3000円の商品と1万5000円の商品を比べた場合、同じ1口でも、A商品なら3000円で購入できるのに、B商品なら1万5000円も支払わなければならない。人間ならば当然起こる葛藤です。

しかしここで振り返るべきことは、「今」購入時の基準価額は販売当初は一律で1万円だということです。言い換えれば、1万円のA商品は3000円まで「何らかの理由で」下落して今に至っているという事実です。

仮に5年前に販売が開始されたとしたら、5年かけて価額の上下はあったとしても1万円から3000円まで「下落した」のです。これを今の価額をみて、「安い」=購入しやすい、ととらえていいのでしょうか?

1/2ページ

最終更新:7/16(火) 18:50
ファイナンシャルフィールド

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事