ここから本文です

駐車違反金滞納で物品差し押さえ 今秋から岡山県警、ネット競売に

7/16(火) 12:49配信

山陽新聞デジタル

 岡山県警は16日、駐車違反の放置違反金を多額、長期にわたり支払わない悪質な滞納者を対象に、乗用車や家電などの物品を差し押さえ、インターネットオークションにかけて違反金を回収する取り組みを、今秋から始めると発表した。

 違反金の未納付は後を絶たず、県内の未納付は2018年3月末現在で281件、約435万円に上る。同様の取り組みは7道府県警で行われている。

 岡山県警によると、滞納があった場合、車の所有者の預貯金や生命保険の解約金を差し押さえてきたが、資金が見当たらず回収できないケースがあったという。今後は自宅などを捜索して、換金可能な物品を差し押さえた上で、ヤフーの官公庁オークションを活用して売却する。

 県警交通指導課は「未納金を着実に回収するための最終手段。市民の不公平感をなくし、逃げ得を許さないという断固たる姿勢を示したい」としている。

最終更新:7/16(火) 12:49
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事