ここから本文です

鈴鹿8耐14連覇を目指すブリヂストン 第1回鈴鹿8耐合同テストでもブリヂストンタイヤ装着車両がトップタイムを記録!!

7/16(火) 19:00配信

バイクのニュース

タイヤサプライヤーとして鈴鹿8耐に参戦

 ブリヂストンは、鈴鹿サーキットで開催される第42回鈴鹿8時間耐久ロードレース(7月25日~28日)に参戦する15チームにタイヤを供給すると発表しました。ブリヂストンタイヤ装着チームは2006年から13年連続で優勝しており、今年もブリヂストンタイヤ装着チーム14連覇を目指しています。

鈴鹿8耐ブリヂストンタイヤ装着チームの画像を見る(6枚)

 EWC最終戦でもある鈴鹿8時間耐久ロードレースは、日中の路面温度が60度を超えることもあり、車両やライダーにも非常に過酷な耐久レースです。EWCは昨シーズン、ブリヂストンタイヤ装着チームF.C.C.TSR Honda Franceが初のEWCシリーズチャンピオンを獲得しています。今回の鈴鹿8耐はブリヂストンタイヤ装着チームのEWCシリーズ連覇がかかった一戦でもあります。

 月9日から11日まで行われた鈴鹿8耐合同テストでは、ブリヂストンタイヤ装着したRed Bull Hondaの高橋巧選手が総合トップタイムを記録しています。

 主なサポートチームは、前年度EWCチャンピオンF.C.C.TSR Honda France、JSB1000クラスでランキングトップの高橋巧選手率いるRed Bull Honda、5連覇を狙うYAMAHA FACTORY RACING TEAMなどに供給されます。

 鈴鹿8耐期間中サーキット内にあるブリヂストン特設ブースでは、BATTLAXシリーズタイヤや装着車両の展示、2018年ル・マン24時間耐久レース優勝マシンF.C.C.TSR Honda France CBR1000RR、2017年鈴鹿8耐優勝マシン YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1の展示などが行われます。

バイクのニュース編集部

最終更新:7/16(火) 19:00
バイクのニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事